IMG_0363.JPG先日、「吉川久子と行くキリンビールの工場見学」が組まれ、参加してきました。キリンビールは、私の現在住んでいる横浜から発祥したビール会社です。私の重要文化財の華頂の宮でのコンサートがきっかけで、その後、様々なコンサートで応援をしていただいている企業のひとつです。

今年の2月、キリンビール横浜本社でのコンサートをさせていただきました。「愛」をテーマにメルシャンの3種類のワインと音楽のコラボでした。入社面談を行うという大会議室?でのコンサートは、私も初めてでしたが「場所を選ばず、どんな空間でも音楽を楽しむ心」を提供したいと考えている私にとっては、勉強の場でもありました。
そんな縁で、今回のツアーになったのですが、音楽を通じて輪が広がる。素敵なことです。そんな経験が私の元気の源なのかも知れません。

2月のコンサートでは、お客様の様子が丸見え・・・。ニコニコ笑いかける方、演奏曲目を私が間違えそうになると合図をする方・・・、みんな笑顔のお客様。
演奏終了後に選曲に合わせたワインを楽しみにしているからでしょうか、仕事帰りのひとときにくつろいだ気分になったからでしょうか、リラックスタイムのコンサートとなりました。

この日、演奏中に会社のチャイムが鳴り響きました。会社の終了を知らせる合図だったようですが、音楽に集中していた皆がキョロキョロ、天井を見上げるではありませんか・・・、私も内心「チャイムが鳴るとなんて予想外・・・」とおもいつつ演奏を続けました。前列のお客様と目が合い、ちょっと苦笑い。
その後、「チャイムを聞くたび・・吉川さんを思い出すの」といわれること度々。

そういえば、私の大好きなチェロ奏者、ヨー・ヨ・マはピアソラ作曲の「リベルタンゴ」という曲にサイレンの音を導入していることを思い出しました。車を運転中に聴いていた私は、パトカーに追われているかと、何度もドキッとした経験があります。
音に対する人間の心理や動作・・・面白いものです。

夏に楽しむ音のひとつに、今年はビールの音を加えてみようと思います。ビールの音・・・どんな音を連想しますか?缶を開けるときの音、泡の音、飲み込むときの咽の音・・・いろいろあります。どの音を楽しみましょうか。
夜のご褒美の音に加えてみるのはいかがでしょう。
 

IMG_0360.JPG