吉川久子の賢治ミニコンサート・石井和の朗読会にも参加!

南部盛岡は石川啄木と宮沢賢治という二大詩人を生み出しました。司馬遼太郎に「北のまほろば」と呼ばれた奥州は、詩人のまほろばでもあったのです。
今回の旅は、その産土に啄木の面影を探します。そして遠野。こんなにも地名が人の心を捉えて離さないという地があるのでしょうか。奥州の産土のパワーの源の一つなのでしょうか。

旅の最後に花巻で、石寒太先生の宮沢賢治記念館での講演と、フルート奏者・吉川久子氏のミニコンサートにも参加します。
句会も催しますが、俳句をしない方もぜひお気軽にご参加ください。

石寒太先生と行く『賢治と啄木と遠野吟行』
期  日:2012年9月16日(日)〜17日(祝)
旅行代金:お一人様
 2人1室:62,000円/1人1室:63,000円
現地参加の方の参加代金:お一人様
 25,800円(現地参加・宿泊なし・夕食なし)

コース
①東京駅(7:30〜8:00)発→盛岡→
(バス)→鶴飼橋…渋民公園(啄木の歌碑第一号)→石川啄木記念館(啄木が教鞭を取った渋民尋常小学校校舎や、当時すんでいた齋藤家住宅など移築/学芸員が案内)→宝徳寺(啄木が少年期を過ごす)→盛岡城址(啄木の歌碑)→石割桜・盛岡中学校跡地(現岩手銀行本店・歌碑2基)→啄木新婚の家→盛岡天満宮(歌碑3基)→常光寺(啄木生誕地・金田一京助博士の揮毫による「生誕の地」碑)→盛岡駅前(「ふるさと」歌碑)→盛岡市内泊

②→遠野・常堅寺カッパ淵(カッパ伝説の地)→伝承園(国重文の南部曲がり家旧菊池家住宅や家神オシラ様を千体飾る御天蚕堂、佐々木喜善資料館など)→宮沢賢治記念館(石先生の宮澤賢治講演と吉川久子氏の賢治ミニコンサート)→羅須地人協会建物→盛岡→東京(20:30〜21:30着)

★宿泊/ホテルメトロポリタン盛岡(洋室)
★食事/①昼・夕 ②朝・昼食付き

お申し込み・お問い合わせ
毎日新聞旅行・村内あて 03-3216-5341 F)03-3214-2540
東京都千代田区一ツ橋1-1-1 毎日新聞社内 
http://www.maitabi.jp