michikohayashi_Sa006.jpg

いよいよ10月16日より始まった『Lovegurumi(ラブぐるみ)』展、独特のふしぎな魅力を放つ佐野純子さんの人形の世界と、身長40cmほどの人形を、実写であたかも人間の等身大と同じに見えるようなスケール感でとらえた私の写真と…自分で言うのも何ですが、なかなか楽しいコラボレーション空間になっているようです。

写真作品集と展示の様子などは、順次、新しい記事をアップして行く予定の、こちらを見ていただくとして…
http://michikophotogarden.seesaa.net/category/10935140-1.html

会期中の10月28日には、佐野純子さんによるワークショップ「ボールペン人形を作ろう」も開催されます。こちらは、あらかじめ用意されたボールペン人形のベースになるボデイに、洋服や帽子やアクセサリー等をつくって着せて顔を描いて…というもの。この世に一つだけの、オリジナルのボールペン人形ができあがります!

写真のボールペン人形は、この夏の暑い盛りに『Lovegurumi』の撮影に励んでいた私に、佐野さんがプレゼントしてくださったもの。私をイメージして作ってくださったそうで、洋服や好んで被っている麦わら帽子の色合いはもちろん、長いストレートの黒髪まで、工夫していただいたと伺いました。後日、気がついたら、他のボールペン人形の髪の毛は、色は様々だけれど、みんなフェイクファーで作られていました…さすが、細かいところまで手を抜かずセンスよく仕上げられる佐野さんならでは!とっても愛らしい思いがけないプレゼント、ほんとうに嬉しかったです。

よかったら、こんな素敵な佐野さんのご指導のもと、ボールペン人形を作りにいらっしゃいませんか?

◎『Lovegurumi』発売記念ワークショップ「ボールペン人形を作ろう」
 講師:  佐野純子
♥受講費 3,000円(材料費/税込み)  ♥要予約/定員8名
♥とき  10月28日(金)18:00〜20:00
♥ところ オーガニックフード&和カフェ 美味一服 めぐり
     東京都台東区上野1-20-11 鈴乃屋本店 2階(上野松坂屋向かい)
     tel:03-3834-5154 http://www.holoholo.co.jp/
※カフェのため、一品オーダーをお願いいたします。
※18時前にご来店いただき、お食事をとっていただくこともできます。食べ物の持ち込みはご遠慮ください。 
※めぐり特製弁当1,000円(お持ち帰り可)のご用意もあります。(要予約)
♥お申し込み・お問い合わせ
     お名前、人数、連絡先(電話)を明記のうえ、メールでハオ編集部まで
     hao★mail.office.to(申し込み締切 10月25日)  
       ※★を@に変えて送信してください

***

今回の展覧会には、もうひとつ目玉があります。
創り手とお客様との心地よい空間になれば…とお店の壁面をギャラリーとして作家の創作活動の発表の場にしてくださっている「めぐり」では、大きな窓にキットパスでガラス絵を描くウィンドウギャラリーのスペースもあり、今回は、そこに佐野純子さんが『Lovegurumi』民子とワタルの大きなイラストも描かれています。

展示設営の前、佐野さんがガラス絵を描きに来られる日に、私とYさんも打ち合わせを兼ねて集合し、佐野さんの描くステキな下絵に “ぬり絵隊” として腕をふるいました。無心になってガラスに色を重ねていくのは、なんだかとても楽しくって “ぬり絵隊” にも熱が入り…終わったときには、自分で塗り絵したワタルにすっかり惚れ込んでしまった私♡

そうしたら、展覧会の初日にたまたま遊びに来てくれた甥っ子が、スケールの大きいガラス絵に大いに刺激されたらしく「僕も描きたい!!」と言い出して… 「描いてある絵を消さないでね。空いてるとこなら自由に描いていいよ」といったら大喜び。出された条件も、遊びをおもしろくするルールになるらしく、どんどんぐいぐい、隙間をいかしたイタズラ描きに没頭していました。絵だけじゃなくって言葉や数字も書き込んでいて…小2の男の子らしく、乱暴な言葉も書き散らしてあったのですが、よく見ると「hao」を片手のワタルのところには「えらいね。」「ニーハオ」。子どもだからこそ、絵に描かれたキャラクターの性格まで敏感に感じとっているのかな…と、なんだか感心してしまいました。

今回は、この春ハウスクエア横浜でやったような「キットパスでガラスにお絵かき」ワークショップではないから、まさか、こんな風に、見に来てくれた人が参加してくれる展開になるとは思っていなかったのですが… 展示している私たち創り手側も、佐野さんの下絵に、Yさんと私で塗り絵して、最後にMさんが「hao」の表紙を描き込む等、「ラブぐるみ」スタッフ全員の手の入ったガラス絵に、たまたま甥っ子まで参加してくれて、さらに新たな命が吹き込まれたような氣がしました。

甥っ子のイタズラ描きは、ほとんど消してしまったけれど、「和カフェ」の文字でかくれんぼや滑り台をして遊んでいる小人さんが、ちらっと見え隠れしているかも・・・

よかったら「めぐり」の窓際の席に、小人さんを見つけにいらしてみてくださいね!

めぐり Window Gallery
http://meguriwindowgallery.com/

 

michikohayashi_Sa006b.jpg

michikohayashi_Sa006c.jpg