michikohayashi_Sawawa021-001.jpg

 

2009年春ごろから、毎日のように小ぶりのカメラをぶら下げて、日々 “いまいるところ” で、ふと感じる何かしらの気配に導かれるまま… みちみち …写し続けています。


昨春の東日本大震災を経て、東京に居てさして大きな被害に遭わなかった私でも、受けた衝撃は大きく、日々の写真行為も、撮影スタイルこそ変わらないものの、カメラを向けるときの心の有り様や対象が自ずと変わってきている気がします。…だけれどそれも、大いなる自然の運びのなかの成り行きに導かれてのことのよう。


いままでも、そしてこれからも、いま生きていられる歓びと生かされていることへの感謝を込めて、人生の路上で遭遇する、そのときどきの光と景を、日々、写し続けていきたいと思っています。

                       2012年5月22日 林 道子

 

みちみち 林道子 写真展

会期:2012年5月28日 (月) 〜 6月2日 (土) 11:30〜19:00, 土曜日は〜17:00

会場:Gallery K

〒104-0031 東京都中央区京橋3-9-7 京橋ポイントビル4F

Tel / Fax. 03-3563-4578 galleryk@nifty.com 

http://homepage3.nifty.com/galleryk

 

**

michikohayashi_Sawawa021-003.jpg

21日朝の金環日食、ご覧になりましたか? 私は、思うところあって、あえて観ないでその時間は家に籠って内観して過ごしました。

 

その日は、午前のゆっくりめの時間から、教える仕事で都内のとある高校に出かけ、生徒たちを校内の撮影実習に送り出した後、私も、美術教室の廊下に置いてあった古い木の椅子の座面のテクスチュアに心惹かれて、何枚か写しました。

なんだか …ちょうど日食ですっかり暗転した空に、金環リングが三日月型に欠け始め、急な天変に驚いたドラゴンが「どうしちゃったの?」と、太陽の様子を心配げにのぞきこんでいるよう… は見えませんか?

 

帰り道、すっかり晴れて気持ちのよい青空が広がり、新宿の外れのビルと街路樹の狭間から、まるで生まれたてホヤホヤみたいに光輝く太陽が、何ごとも無かったかのように顔を出したとき、、、太陽の光の温かさと明るさに包み込まれて、心底ホッとし、うれしかった!!

地球上の生命は、すべて、太陽の放射する光と熱のエネルギーがあってこそ、生かされているのだと、あらためて直観した一瞬でした。

michikohayashi_Sawawa021-004.jpg