michikohayashi_Sawawa-no29_a001.jpg

 

那須への小旅行から戻って…8月半ばから続いていた、ピンと張りつめきった緊張感からようやく開放される…と期待したのもつかの間、結局、夏の間の撮影仕事から秋のルーティンの教える仕事にシフトしても何だかんだと雑事が続いて、心身ともにゆっくり休める暇もないまま突っ走り… ようやく少しペースダウンできたのは、このお彼岸の週末。東京も久しぶりの雨を境に俄に涼しく寒くなり、その気温の変化とともに、ずっとオーバーヒート気味だった夏の昂った気持ちが、やっとクールダウンしつつあります。。

もう相当疲れてきていて、集中力や相手への思いやりも十分に働かせられなくなっていたのに、かえって焦って、心のなかで燃え盛る焔に自らさらに薪を焼べ足すような行為をして…余計に消耗しちゃったな。

久しぶりに、自分のなかに甘えん坊の駄々っ子が育ちきれずに居るのを実感して、我ながら驚きました。 

そんな駄々っ子をなだめるためにも、たまにはこの場を借りて弱音を吐かせてくださいね。

「あ〜〜 疲れちゃったな〜〜〜。少しゆっくり休もうね。。。」

 

**

 

昨夜ここまで書いて、なんとなく消化不良のまま眠りにつき…今朝また、この件のことが気になって目覚めたのですが… 朝一番に Facebook を開いたら、海外のFB友達のリンクで、Native American の音楽と狼たち野生動物の写真や人間との関わりのイメージビジュアルを組み合わせた「Indian song Inka Spirit」という YouTube の映像がアップされていました。
…それを観ているうち、なんだか、たくさんの仲間に会えたような氣がしてホッとして。

そうか… 私の魂のガイド役は狼がしてくれているんだ…と、かつてここにも書いた「狼と」のことも思い出し、腑に落ちました。

そして、昨夜から消化不良でもやもやしていた部分も…

 

私のなかに甘えん坊の駄々っ子が育ちきれずに居る というのは、未成熟な子供っぽさの名残のように思っていたけれど、ほんとうは、いままでの生い立ちや普段の都会生活で、ずいぶん長いことすっかり蓋をされ閉じ込められて孤独になっている、私自身の野生の本性なんではないか…と。 

現代の東京での生活に、それをそのまま、剥き出しで表す訳にはなかなかいかないけれど、これは再び蓋をして閉じ込めてしまわないで、しっかり自分でそれをみつめて愛して受け容れて可愛がってあげて、上手に解き放っていければ、きっと私自身も、もっと伸び伸びと素直に生きていけるんだろうな… そして周りの人々とも、もっと調和して、お互いにより活き活きと生きていけるんだろうな…

思いがけないところから、素敵な気づきをプレゼントされた、素晴らしい朝となりました☆☆

 

狼くんたち、ありがとう!!

michikohayashi_Sawawa-no29_a002.jpg

***

 

この夏の間に、突然、年末に引っ越しをすることが決まりました。会社を辞めて写真の道へと歩き出したときから…実家に戻っていたのですが。以来、何度も荷物の整理をしながらも手放しきれなかった、会社員時代の最期の頃〜ストレスの発散を買い物でしか紛らわせなかった頃に、買っていた洋服や鞄や靴たち。写真を始める前に一生懸命取り組んでいた、帽子製作の道具や材料たち。美大の学生時代からの本、写真を始めてからワラワラと増えて来た写真関係の本、そしていつか読みたいと思って買ったまま積んであるたくさんの本たち。。。

新しい部屋に持って行けるものの量には限りがあるので、、、これを機に、思い切って処分しよう!と、ようやく涼しくなって来た、この秋分の日の週末から取り組んでいます。

そのまま捨てるのは、どうにも「もったいない」という性分が発揮されてしまうので…バザーや、区のリユース衣類の回収や、古本屋さんなどをフル活用して…捨てる神あれば拾う神あり…を実践できるよう、なんとか、大量のゴミを出さないようにしたいものです。

新居では…テレビと掃除機を買わずに、読書と箒と拭き掃除を習慣にしたい。電気釜や電気ポットを買わずに、土鍋と鉄瓶と魔法瓶で。電子レンジを買わずに、蒸し器を使って…と、なるべく電気に頼らない生活をしたい、と思い描いています。

michikohayashi_Sawawa-no29_a003.jpg

 

**

 

この夏は、猛暑だったことと、突然、久しぶりの撮影仕事の波がやってきたことで…いつものように日々の写真を丹念に撮り歩く…というマラソンランナーのような地道な撮影があまりできず、どちらかといえば、仕事も含め、イベントのあるときに集中して撮る、短距離走者のスパートのような写真との関わりが多かった。

それでも、日々、どこに行くにもカメラをブラ下げて行くことだけは欠かさずに… 集中してたくさん撮ることはできなかったけれど、一日に一枚でも二枚でも、ふと気になったときに、すっと写す、そのことだけは心がけ続けています。

そうして撮れたものが、今回ここにアップした写真たち。ある意味では、肩の力が抜けて “いい加減” なのでしょうか。

心の気負いも、写真のように、ふっと抜けるようになってくるといいな。

 

michikohayashi_Sawawa-no29_a004.jpg