michikohayashi_Sawawa043-8.jpg

 

形が蛸に似ているから タコクラゲ というのだそうな



乳白色や褐色や淡い水色の仲間たちに混じって 2月に初めて しながわ水族館 へ行ったときには気づかなかった なんとも綺麗なピンク色のクラゲを発見 !!

michikohayashi_Sawawa043-1.jpg

なんて美しいんでしょう♪♪


思わず 夢中になって 写してしまう

 

michikohayashi_Sawawa043-4.jpg

 

michikohayashi_Sawawa043-3.jpg

仲間たちと もつれ合うように 水面付近を浮遊していたり



そうかと思えば 脱力したかのように 流れのままに 水底へ沈んでいったり



 

michikohayashi_Sawawa043-5.jpg

***

 

家に帰って調べてみたら この タコクラゲ 関東以南の日本近海に棲息しているらしい



ご近所撮影の好きな私にとっては 熱帯の色鮮やかな珍しい海の生き物も素敵だけれど やっぱり身近なところに生きているもののほうが 親しみが湧いてくる



 

しかも 細胞内に 褐虫藻が共生しているとのこと



褐虫藻がいるのなら からだが褐色でなくてピンク色なのは何故?


褐虫藻がいるなんて なんだかまるで サンゴ みたい



 

さらに調べてみたら 
刺胞動物門に属するものとして 

造礁サンゴやイソギンチャクと 同じ仲間なのだそう



サンゴと同じ仲間なら 褐虫藻との共生で からだの色がピンクでも 納得できる


サンゴ大好きな私には なんだか嬉しい発見です
 

 

michikohayashi_Sawawa043-2.jpg


ただ ふわふわと 水中を浮遊しているだけではなく 

からだの中の褐虫藻に光合成をさせるために 

水族館の照明により近い 水面付近を泳いでいるのだとわかり


さらに 美しく 愛おしく 感じられます

 

***

…この冬は 東京でも だいぶ寒い日がつづき


3月に入って 急に温かくなった


桜が ずいぶん早く咲き始め その後また冬の寒さに逆戻り


春の嵐のような 大風や大雨が 何度も吹き荒れた…



 

そんな天候にシンクロするかのように


私の心も 千々に乱れ 我ながら呆れるほど 大荒れし

ずいぶん久しぶりに 涙をたくさん流した


体内にとりこむ水を変えたこともあって 溜めこんだ毒素を洗い流す 

浄化の涙なのかもしれない

 

michikohayashi_Sawawa043-6.jpg

そんなときに この 在るがままの姿を見ると なんだか ふっ と 力が抜けてくる



海のなかでは 嵐のときなどは 沈んでいき

穏やかになると また浮くんだそうな

 

ちっぽけな個の思惑なんか まったく持たずに

ただ生命の神秘の導きのままに身を委ね 日々を浮沈している なんという その美しさ

 

***

 

福島第一原発では 高濃度の汚染水が ずさんな工事と管理の貯水槽から漏れ出しつづけ


ボストンの爆弾テロ事件の衝撃も 冷めやらぬ

ここ数日 

日本国内のそこここでも世界中のあちらこちらでも かなり大きな地震が頻発している

 

 

なんの感情も思考も 持たないはずの クラゲたち

からだの 約95% が水分でできている クラゲたち

祖先をたどれば 10億年以上前から地球に生きているという クラゲたち


地球の 宇宙の 意志を もの言わぬ姿で代弁するかのように



 

…人類は 何をやっているんだ… と じっと 見つめられているような氣がします
 

 

michikohayashi_Sawawa043-7.jpg