michikohayashi_Sawawa051-7.jpg

 

前回は… tanaproject のワークショップ会場で ここまでできて、さぁ その後…私らしくフィニッシュさせるにはどうしたらいいか… と考えあぐねて一週間ほど放置したところまで、でした。

次の週末、大好きな絵本「スイミー」の作家レオ・レオニさんの展覧会の最終日に、大混雑の会場の閉場間際に滑り込み… 様々な技法でのびのびと多彩に表現された絵本の原画や 「平行植物」ほか今まで観たことのなかった油彩や版画や彫刻などの作品たちの素晴らしさに、眼を見張り、彼の作品世界の豊かさと深淵さにあらためて心うたれて… 質の高いたしかな芸術作品の放つオーラに、何とも言えない温かい希望が内から湧いてくるようなエナジーをかきたてられて、幸せな気持ちで会場の出口に向かいました。
まだかなり混雑している展覧会特設のお土産ショップを通り抜け、常設のミージアムショップをちらりと覗いてみると… 和の世界をモダンにアレンジした小物のコーナーに “【紋切り型】をもっと楽しむための素材キット① うちわ」” を発見!!

いま観て感動を受けて来たばかりのレオ・レオニの作品世界と…紋切り型の切り絵や花火 にも通じるの江戸の世界と… そして制作途中の 切り絵 の棚と… が ピピッ と結びついて、さっそく手に取ってみました。うちわキットには、白無地のうちわ2枚と、紋切り型の型紙8種、そして和紙の色紙が15枚、もちろん説明つきで入っています。 これなら、すぐに棚の制作のつづきに取りかかれる♪♪ と、さっそく購入して、飛ぶように家に帰りました。

 

そして、もう一つの現実的な問題… スティック糊で軽く貼っただけの半ば浮きかけた切り絵を… そしてこれから新たに貼ることになる紋切り型の色紙を… どうやって強化ダンボールから剥がれないように接着するか。。

これも、ちょうどタイミング良く届いた、最近の取材撮影の仕事の掲載誌として送られてくる「はんど&はぁと」という手芸雑誌の、付録として付いてきたデコパージュ・キットの中のボンド(トランスファー・コート)を転用してみることにして。

 

その晩、かきたてられた創作意欲の覚めやらぬうちに、すでに貼ってある切り絵の色と合わせて 赤・黄・水色 の和紙の色紙と、型紙を食指の動くままに3タイプ選び出し、さっそく紋切り型の切り絵に挑戦!!

 

できた切り紙を…それぞれどの面に貼ろうか、あれこれ考えながら、1枚ずつ仕上げては棚の面に当ててみながら。

前回の指摘と同様、あまり型どおりの綺麗な切り絵では、また雑味がなくなって私らしくない… と、そんなことにも気がつき始め。 切り絵の楽しさに嵌りすぎて、おおもとの “花火” のイメージから離れてしまってはオモシロクナイ… と、原点にも立ち返り。 紋切り型を切り抜いたあとの外側もモッタイナイ… と、倹約精神?も働いて。

デコパージュの糊の乾いた痕は、花火とともに生じる煙幕のようなもの…と解釈し、これもまた よし! として。

 

結局、次の日までかかって、棚の外側も引き出しも、かなりの面に切り絵を貼ることになりました。

 

結果はこの通り…

 

michikohayashi_Sawawa051-1.jpg

michikohayashi_Sawawa051-2.jpg

 

棚の天面と左右の側面、外箱の背面は、夜空に打ち上がった 大輪の花火のイメージ

 

michikohayashi_Sawawa051-5.jpg

 

…では、内側は?

 

michikohayashi_Sawawa051-3.jpg

 

こちらは、夜空に打ち上げる花火というより、手元でひっそり楽しむ 線香花火のイメージ

 

…そして…

 

michikohayashi_Sawawa051-4.jpg

引き出しの背面には… ほとんど見ることはないかもしれないけど、蝙蝠のイメージ

何年か前に、多摩川の花火を、夕方から場所取りをして観に行ったとき…暮れかかる夕空に蝙蝠がたくさん飛んでいたのが印象的だったので。。。

 

…そしてそして 問題の前面は…

 

michikohayashi_Sawawa051-6.jpg

 

さんざん悩んだあげくに… すでに紋切り型を切り抜いた余白の端切れから、さらに小さな紋切り型を、これは型紙を使わずフリーハンドで切り抜いてみて…

大輪の花火が 開いて 散って 流れた小さな火花が 散った先でまたスパークする…そんなイメージにしてみました。

デコパージュ用のトランスファー・コートが乾ききらないうちに…側面のぐあいを確かめに、向きを動かしてしまったから… 糊が流れて… 花火が開いて散って 尾を引いて消えて行くようにも、花火を観上げている人の心のなかの いろんな味の涙のようにも、思えてきます。

福西さんが貼ってくださった水色のボーダー切り絵は… 最初のころは、地面に生える植物のイメージでしたが…こうなってくると、地上で歓声をあげて観ている人波のようにも、あるいは、海や川や湖の水面の波立ちのようにも見えてきて。

そうして、緒を引いているのは、花火によって鎮魂と慰霊を祈念して彼岸へと見送られる、死者たちの霊魂のようにも思えてきました。

 

**

 

前々回の「花火に想う」でも触れた、この夏の始めに味わった素晴らしい花火体験が… その後、tanaproject との出会いで思わぬ方へ飛び火して… 久しぶりに、切り絵も工作も楽しんで…

 

あらためて、手を動かしてものを作るのが好き、花火が大好き〜!! な、私自身を再発見した、貴重な夏休みとなりました。

 

さて! この棚に 何を容れようかな〜〜♪♪

 

 

michikohayashi_Sawawa051-8.jpg

 
**

「レオ・レオニ 絵本のしごと」展は、このあと北九州市、刈谷市、に巡回する予定だそうです。

http://shop.asahi.com/eventplus/1.1/570/

『「レオ・レオニ 絵本のしごと」展 大切なことはシンプルに』

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130627/art13062708110002-n1.htm

 

もんきり・切り紙・日本のかたち:エクスプランテ

http://www007.upp.so-net.ne.jp/xpl/

※「うちわキット」は、このサイトの『ものプランテ』のコーナーに紹介されています!