michikohayashi_Sawawa061-5.jpg

 

「みちみち日和」の連載を、Sawawaの誌上で展開していたときから観ていてくださった方にはお馴染みの写真だと思いますが… 期せずして誌上連載の最終回となってしまったこのときの写真は、そのころ住んでいた実家近くの古道具屋さんの店先で写したもの。

この頃から特に、街角のショーウインドウや窓ガラスの内側の世界とガラスに映り込む外界のあれこれや光の反射など、幾層にも重なりあうイメージが合成することなく1ショットの写真のなかに立ち顕われることのおもしろさに惹かれはじめ、いつもの路上スナップでも、ガラス窓のある光景をよく写すようになりました。

そのなかでも、この古道具屋さんの店先は、とくに心そそられる撮影ポイントの一つとして、通るたびにウィンドウをチェックして写し続けていたところ…つい最近、このシリーズの写真を『Kの窓』として紹介していただくご縁に恵まれました。

よろしかったら、こちらからご覧になってみてください。

 

「窓クラブ season 6」

http://ps.nikkei.co.jp/YKKAP/

 

『Kの窓』 林道子

http://ps.nikkei.co.jp/YKKAP/art/vol3/hayashi.html

 

**

 

冒頭の写真のときも、誌上連載に使用することが決まった時点でお店にご挨拶に行ったのですが…そのとき初めてお会いした店主から、写真は好きに撮ってかまわないけど店の紹介のようなことはしないでくれ、というお話があったので、その次に掲載誌を持って再びご挨拶にうかがったあとは、とくに声もかけず、通りすがりの好きなときに好きなように写させていただいていました。一昨年の暮れ、私自身が引っ越してからは、この辺りを通る機会もぐっと減り、しばらく足が遠のいていたのですが…

今回は、掲載されることが決まった時点よりもWeb上の掲載画面の案が出てきてからご挨拶にうかがった方がいいか…と思い、年も明けて仕事始めも一段落した頃に、実家に顔を出すついでに、久々にお店の前を通ってみました。

 

しばらくぶりのウィンドウはどんな設えになっているのか…半ば怖いものみたさのような気持ちでワクワクしながら通りかかると… 

 

michikohayashi_Sawawa061-1.jpg

 

店の前の舗道は、やけにスッキリ。窓の内側にも全面ブラインドが下がっていて、庇の内側の外壁には珍しくペインティングが描かれていて、しかもサイン代わりに “2013” 。。 …もしや… と思って店の脇に廻ってみると、郵便受けの口がガムテープで塞がれて

 “ × 引っ越し”

え〜!! お引っ越ししちゃったの??? 

 

少なからぬショックを受けて、その晩はトボトボ家に帰り。。

翌朝、気を取り直して、お店の名前でインターネットで検索してみたら…今までなかったブログが、昨年末から始まっていました!はっきり書かれてはいなかったものの、やっぱり昨年末でお店を畳んでしまったらしい。でも、古物買い取りは続けていらっしゃるようで…サイトに書かれてあったメールアドレスから、念のため、ちょうどタイムリーにその日届いた掲載画面の内容確認のURLとともに、メールを送ってみたのです。

 

そうしたら、しばらく時間をおいて  ◯  と、たった一言お返事が!!

 

なんだかとても嬉しくなって、ほっとして。その後もときどきその店のブログをチェックしていたら… 成人の日の三連休、大井競馬場で開催されるビッグフリーマーケットに参加される、とのこと。 …これに行けば、店主に会える♪♪

 

michikohayashi_Sawawa061-6.jpg

 

数日後、冬晴れの気持ちのいい天気の日に、ものすごく久しぶりのモノレールに乗って、大井競馬場に行ってみました。

フリーマーケットの会場になっているだだっ広い駐車場の、たくさんの出店が並ぶなかを、見覚えのある姿と品揃えの雰囲気を探して歩き回っていると… 猫が日向ぼっこしそうな、とても日当りのいい一角に、それらしき店を発見!!

 

michikohayashi_Sawawa061-7.jpg

 

さっそく私も、フリーマーケットの客の一人として、その店の品物を物色し、とうとう店主に声をかけてみました!…もちろん、数日前にメールのやり取りをした後だったので私の事もすぐに憶いだしてくれて、掲載についてのご挨拶もでき、さっくりと彼の近況も訊くことができて、なんか不思議に感慨をおぼえる再会でした♪♪

 

そのとき、いくつか気に入ったオブジェを彼の店から求めてきて… 今は新居の玄関で、鍵の置き場として、この家と私を守ってくれています。

 

写したい!という欲望から生まれる写真たちと、それが掲載されて世の中に発信されていく経緯から、ご縁が生まれて発展していく…なんだか、とても不思議で、嬉しく、ありがたいです。あらためて、関わってくださっている多くの方々に、心より感謝いたします。
 

 

ありがとうございます

 

 

michikohayashi_Sawawa061-2.jpg