michikohayashi_Sawawa067-2.jpg

 

ここのところ東京でも、だいぶ肌寒い日々が続いて、週末は冷たい雨もちらつき、なんだか季節が逆戻りしたような感じすらしていましたが…七十二候を確認してみたら、ちょうど4月20日から 穀雨(百穀春雨に潤う)だそう。冷たい春の雨にも、植物を育くむうえで大きな自然の摂理が働いているのですね。

今日は久しぶりに晴れてあたたか。都内では、八重桜もそろそろ新緑の勢いに圧され、初夏の日差しにケヤキの新芽が輝いていました。

今年は2月に実家が引越したり、年度末の締めくくりのタイミングで今まで定番的に取り組んできた仕事に変化があったり…  何より、私自身が人生の大きな節目ともいえる年齢を迎えたり、と、外側からも内側からも、自ずと、大きな変わり目のときにさしかかっているという意識を持つようになってきました。

そんなこともあり、ここのところ放置状態だった私自身のWebサイトを見直して、作品メインの内容に創り替えようと目論んでいます。

まだ入り口まで…の状態ですが、追い追いに、奥行き深く創り進めていく予定。よろしかったら、ときどき、どんな様子になっているのか、訪ねてみていただけたら嬉しいです!

http://www.hayashimichiko.com

 

***

 

3年前の初個展のときから額装のこと等で何かとお世話になっている Roonee 247 photography というギャラリーで企画されている公募写真展「ことしのさくら」

毎年、ゲスト写真家を迎え、参加者それぞれの、その年に写した桜の写真だけで開催されるというグループ展です。今年は写真家の熊谷聖司さんが初めてゲストとして参加されるとの案内を受け、心が動き。

ちょうど桜の開花を今か今かと待ちこがれるころに、この世に生まれてきた私。

前述のように今年は人生の折り返し点とも言える大きな節目の誕生日を迎えたばかり… その直後に、大切な方の訃報が届いた… ほぼ同時に東京では桜の開花宣言があった…

そんなタイミングでもあったので、今年は染井吉野の開花とともに「ことしのさくら」展に参加しよう!と、心を決めました。

今の私自身の状況で、なかなか桜を写しに遠出はできなかったので… その分、いつものように東京の身近な「今いるところ」の桜をたくさん写しています。

教える仕事で週に2日は千駄ヶ谷の方へ行くので、これはもう毎年恒例の楽しみなのですが、新宿御苑の桜も…染井吉野から、様々な八重桜、山桜などが咲き誇る、桜暦の移り変わりまで…ことしは例年にも増してたっぷり味わえました!

ほかにも、誕生日のお祝いにいただいた桜の小枝、新しい住まいの近くの公園や遊歩道に咲き乱れる桜、日頃は意識したことのないビルの谷間からこのときとばかり存在を主張する桜、オープンしたばかりの知人のお店のカウンターに飾られていた苔玉の桜、、、

さて、これから、その中からどんな写真を選び出して展示するか… 楽しい悩みが待っています♪♪

 

かなり大勢の方が参加申し込みされているそうなので、一人一人が出展できる点数は限られてきますが… よろしかったら、様々な「ことしのさくら」の写真のお花見に、足をお運びいただけましたら嬉しいです♪♪

 

展覧会会期:2014年5月27日(火)〜6月1日(日)
                    12:00〜19:00(最終日は16:00閉館)
会場:ルーニィ・247フォトグラフィー
東京都新宿区四谷4-11みすずビル1階
03-3341-8118(問合せ先:ルーニィ247フォトグラフィー)

http://www.roonee.com


☆関連行事:ゴザの花見 5/31(土)18:00~ (写真のさくらの下でのお花見会)


ゴザの花見には、今のところ、私も参加の予定です。もしも会場で、このブログを読んでくださっている皆様にお目にかかれることがあれば…とてもとても幸せです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

michikohayashi_Sawawa067-1.jpg