前回のブログで足元だけ登場した陶芸家さんから、東京での個展のご案内がとどいた。
先週、祝日でブログがお休みであることを忘れてべつの内容を書いていたのだけど、
このタイミングで届いたことにまたご縁をかんじるので、今回はこちらをご紹介させてください。

ss0020.jpg

島根を代表する陶芸家の安部宏さん。
息子さんの太一さんも陶芸家で、もともとそちらの作品を本で拝見して工房にお邪魔するきっかけになったのだけど、そこで暖かい笑顔で迎えてくださったのはお父様のほうだった。
とても気さくに家族のお話などしてくださり、きっと息子さんもふくめて素敵な家族なんだろうなと想像しながら、居心地のいい時間を過ごさせてもらった。
もともと彫刻家をされていたという安部さんは、芸術に親しんで好きなことをして生きているとこんな風に歳をとれるのかなあと理想的におもうような(年上の、そして立派な先生に失礼な表現でなければいいのだけど)どこか少年の部分を残したようにチャーミングで素敵な方で、まったく飾らない気負いのない人柄を表したような生活が感じられるその空間では、無造作に置かれた作品の陶器たちも、たまたまもらったという椎茸を新聞紙の上に干しているのも、すべてがやわらかい光につつまれて、絵になってみえるのだった。
ss0021.jpg

ss0022.jpgss0023.jpg

そんな陶芸家「安部宏」さんの作陶展のご案内です。
お正月のしつらい
2011年12月7日(水)~ 12月12日(月)
11:00AM~7:00PM (最終日5:00PM)
ギャラリーおかりや
東京都中央区銀座4-3-5 銀座AHビルB2F
http://www.g-okariya.co.jp/

ss0024.jpg