相変わらずの忙しさで、心を失くしかけていた週末、那須を訪れた。
 
不思議なご縁で友人と私が双方から繋がっていたご夫婦を訪ねると、まるで生き字引のように地元に精通したご友人とともに、めくるめく那須の魅力を紹介してくれるツアーのようなおもてなしを受けて、美味しい食べ物と、牧歌的な里山の風景から避暑地の顔に、温泉街まで、おどろくほど多様な那須の表情にただひたすら感動しながら癒されてきた。
 
 
ss2006_c.jpg
ss2007_c.jpg
ss2008_c.jpg
 
 
ss2009_cjpg.jpg
ss2010_c.jpg
 
 
目の前のことに一生懸命取り組むことが大事だと、私はそうやって生きてきたつもりだけど、ふと立ち止まって自分にとってなにが大事なのか考えないと、どこかへ流されているように感じる日々や、消耗して行っているように感じるときに、田舎のもつ風景の力が自分をこんなに元気にしてくれる。
 
なにも変らないものがそこにあるということへの安心感と尊敬。
 
 
ss2011_c.jpg
ss2012_c.jpg
ss2013_c.jpg
 
 
実際には、人や意識は変わってこれからは地方発信のものが増えて元気になっている、それがまたこの土地の魅力であり、
ご夫婦をはじめ、そこで暮らす出会った魅力的な人たちの優しさや笑顔に、そこはかとなく癒されて元気をもらった。