ss_12071712_0011.jpg

 

気づけば、もう一年を振り返る時期になって少し驚いてしまう。

目の前のことに精一杯で、あまり周りをみる余裕なく一年が過ぎてしまったなとおもう。

自分にとってはその時間が必要だったとおもうし、きっと成長できる経験をしたと信じているけれど、やはりいちど立ち止まって振り返って、また先を見詰め直す行為が必要だ。

 

ふと、私は山をのぼるタイプの人間なんだな、とおもう。

目の前に山があると”登らなければ”とおもってしまう。

その山が自分が登る山かどうか考えるまえに、差し出されると登ってしまう。

そうやっていくつかの山を登ってきた気がする。

登っては下りて、まだ大きな登りたい山に辿り着いてもいないのかもしれない。

それでも、小さな山を登った経験と体力がすこしでもついていたらいいなとおもう。

峰の一部に辿り着けていたらうれしい。

たまに波乗りをしている人が羨ましくなる。

なんだか楽そうにみえて、そんな生き方ができたらいいな、とおもう。

でも山をのぼることが辛いことなわけではなくて、

富士山を登ったときのように、振り返ると満点の星空に囲まれてまるで宇宙に祝福されてるかのような、そんな素晴らしいそこでしかできない経験がきっとあるからなのだ。

 

ss_mitake02.jpg