あたり前の日常の隣に潜んでいる不思議で奇妙な世界!

 

01_32kyabetama-poster.jpg三田村信行さんは、40年以上にわたる創作活動の中で、あたり前の日常の隣に潜んでいる不思議で奇妙な世界を多く描いています。 

ある日おとうさんが3人に増えてしまったといった風変わりなお話や、歴史上の人物を活き活きと描いた大長編など…どの作品も、読み進めるうちに不思議な世界に引き込まれてしまうものばかり。どれが現実?どれが空想?本当は誰もが、この地続きの二つの世界の主人公なのです。 

第1部では、挿絵の原画とともに、そんな三田村さんの作品の魅力を探っていきます。

第2部では、「キャベたまたんてい」のお話の中に入り込みます。 

みんなも一緒にたんていになって、<ほねほねきょうりゅうのなぞ>をときあかそう!展示室内には、ドキドキのたねがいっぱい。キャベたまの仲間が、みんなを待ってるよ。 

 

[三田村信行] 
1939年生まれ。1970年『遠くまでゆく日』でデビュー。ミステリーやファンタジー、歴史小説やノンフィクションなど幅広いジャンルの児童文学作品を執筆し、2009年、長年にわたる創作活動に対して、第32回巖谷小波文芸賞を受賞。2010年には『風の陰陽師』で第50回日本児童文学者協会賞を受賞。宮本えつよしさんとのコンビによる「キャベたまたんてい」シリーズは、12作を数える。1978年から町田に在住。

[関連イベント]

◆対談 
「キャベたまたんていが生まれるまで」 
日時:9月11日(日)14:00~16:00 
ゲスト:三田村信行さん  宮本えつよしさん 
会場:町田市民文学館 2階大会議室 
対象:一般 
定員:100名(先着順) 
電話申込:8月1日(月)13:00~ 
町田市イベントダイヤル/042-724-5656 

◆あつまれ!土曜おはなし会 
毎週土曜日14:00~14:30 
上演:町田かみしばいサークルふわふわ座/まちだ語り手の会/大人の麦茶 
会場:町田市民文学館 2階展示室 
定員:20名(先着順) 
申込不要(直接2階展示室にお越しください) 
本の読み聞かせや紙芝居の上演を行います。参加してくれたみなさんには、かわいいおみやげつき! 

◆プレイルーム 
毎週水曜日10:00~16:30 
2階大会議室をプレイルームとして開放します。乳幼児をお連れの方も、ごゆっくりお過ごしください。 

◆展示解説 
9月10日(土)、9月21日(水) 
14:30~15:30 申込不要(直接2階展示室にお越しください) 

◆いつでも参加できるイベント 
ⅰ.なぞとき!ワークシート 
 展示室内に隠されたなぞをとくと、「たんてい認定証」がもらえます。 
ⅱ.キッズパスポート 
 小中学生のみなさんは、夏休み期間中3回来場するとプレゼントがもらえます。 
ⅲ.文学館共通パスポート 
 鎌倉文学館、神奈川近代文学館との共通パスポート。期間中(8月2日~31日)に3館をまわると限定グッズがもらえます。 
ⅰ~ⅲ希望者は1階カウンターにお声がけください。 
★オリジナルグッズ引換券が当ります。詳しくはプレゼントコーナーへ