ニッポンの近代化学の夜明け

 

kagakushaten01.jpg日本のノーベル化学賞受賞者は、1981年に福井謙一博士が初めて受賞してから昨2010年の鈴木章・根岸英一両博士まで7名に上ります。しかも2000年以降の受賞者が6名で、日本の化学研究および化学工業は、今では世界トップクラスと言えます。 

幕末のころに西洋の化学を取り入れ始め、明治30〜40年には世界一流の化学研究がされるようになっています。日本の化学研究の本格的な開花は第2次世界大戦後になりますが、このように急速に進歩した背景には、先人たちのたゆまぬ努力がありました。 

本企画展では、明治から昭和初期にかけて日本の近代化学、さらに日本の学術研究体制を築き上げた4人の科学者の軌跡をたどります。 

 

◎桜井 錠二(1858—1939) 

 24才で日本人二人目の化学の大学教授となり、基礎科学研究を重んじ、それが国の発展につながるとしました。理化学研究所や学術振興会などの設立に貢献し、日本の学術研究体制を築きました。 

◎池田 菊苗(1864—1936) 

 物理化学が専門ですが、実用面では、昆布のうま味成分がグルタミン酸であることをつきとめ、新しい味覚として「うま味」を提唱しました。「UMAMI」は今や世界に通じる共通語です。 

◎鈴木梅太郎(1874—1943) 

 脚気の研究から、米糠には微量でも生命に必要な物質があることを発見し、「オリザニン」(現在のビタミンB1)と名付けました。これは、事実上世界で最初のビタミン発見と言えます。 

◎真島 利行(1874—1962) 

 日本特産の漆の研究に取り組み、その主成分であるウルシオールの構造解析および合成をしました。また、常に研究を重視し、多くの化学者を育て、日本の有機化学研究を世界一流に育て上げました。 

 

[講演会] 

「科博所蔵資料から眺める日本の近代化学事始め—日本人はこんなにがんばっていた—」 

日時:10/23(日) 14:00〜15:30 場所:国立科学博物館日本館2階講堂 

講師:若林文高(国立科学博物館理工学研究部理化学グループ研究主幹) 

 

kagakushaten02.jpg◆かはくでカガク反応!シリーズ 2011『世界化学年クイズ&スタンプラリー』 

 2011年が国連の定める「世界化学年」であることにあわせ、化学に関する展示を多数開催いたします。参加者には達成度に応じて記念品もご用意しています! 

 詳しくは「世界化学年クイズ&スタンプラリー」パンフレットをご覧ください。 

 会場/国立科学博物館 各展示会場 

 実施期間/2011年9月23日(金・祝)〜12月27日(火)

 開館時間/9:00〜17:00(※入館は閉館時刻の30分前まで)

 入館料/一般・大学生600円/高校生以下および65歳以上は無料 

 

 

◆ノーベル賞110周年記念展 

 期間/2011年11月1日(火)〜2012年1月22日(日) 

 会場/国立科学博物館地球館地下1階特別展示室 

 時間/9:00〜17:00(※入館は閉館時刻の30分前まで) 

 料金/常設展示入館料のみでご覧いただけます。

 休館日/毎週月曜日、12/28(水)〜1/1(日)、1/10(火)

     ※ただし、12/26(月)、1/2(月・休)、1/9(月・祝)は開館 

◆その他の関連イベント 会場:国立科学博物館

◎世界化学年記念 化学切手展 11/1(火)〜6(日) 

◎未来技術遺産登録パネル展 9/27(火)〜11/27(日) 

◎日本化学会「化学遺産認定」の紹介 11/8(火)〜12/11(日) 

◎常設店「物質を探る」 毎週月曜日および10/11(火)