鎌倉の巨星ふたつ。800年ぶりの再会!

 

honen.jpgshinran.jpg

保元・平治の乱などの戦乱や地震などの天変地異が続き、政治・社会が混迷した平安末期——。来世の往生を願った富者は財を尽くして功徳を積み、僧侶は教義論争に明け暮れるなか、鎌倉仏教の先駆者・法然(1133〜1212)は現れました。 
民衆を含む万人の救済を考えた法然は、「念仏をとなえれば誰もが救われる」と阿弥陀如来の名号をとなえることを説き、浄土宗の宗祖となりました。 

その教えを受けたのが、40歳年下で、のちに浄土真宗の宗祖となる親鸞(1173〜1262)です。法然と同じく比叡山での修行を積んだ後、29歳のとき法然に出会い、たとえ地獄におちようとも、その教えを信じて念仏すると決断しました。 
しかし専修念仏の教えは既成教団から弾圧を受け、法然は四国へ、親鸞は越後へ流罪となります。その後、二人が再会することはかないませんでしたが、親鸞は越後への配流後、関東などでの布教活動を経て、京都に戻り、真摯な研鑽を続けて思索を深めました。 

この特別展は、法然没後800回忌、親鸞没後750回忌を機に、両宗派からの全面的な協力を得て、法然と親鸞ゆかりの名宝を一堂にあつめ、その全体像をご紹介する、史上初の展覧会です。 
国宝・重要文化財が半数を占める第一級の美術品およそ180件をとおして、二人の生き方やその魅力をご紹介します。 
大地震に見舞われ、社会の転換期を迎える今日、二人の教えと生き方は現代人にも大きな示唆を与えるに違いありません。 

[本展の構成] ※期間中展示替えがあります 
第一章 人と思想 
法然と親鸞の面影を写実的に表現した肖像画や彫像、肉筆の資料には、多くの人々をひきつけた親しみのある人柄や、新しい主張がよみとれます。さらに著作、言行録、その思想の背景となった作品などをとおして、二人の存在を身近に感じることができます。 
展示:重文「選択本願念仏集」、国宝「教行信証」、重文「二河白道図」、同「歎異抄」など 

第二章 伝記絵にみる生涯 
波乱に富んだ生涯のなかで、法然と親鸞がどのように考え、行動したかをたどります。伝記として描かれた絵画には、その構成や内容に、それぞれの特色があります。最近の研究によって制作の背景や、各絵伝相互の関係などが明らかになってきたことで、その資料的価値がされに評価されています。 
展示:国宝「法然上人絵伝」、重文「善信聖人絵」など 

第三章 法然と親鸞をめぐる人々 
弟子との間でやりとりされた書状などを中心に、法然と親鸞およびその周辺の人々の活動を具体的に示す資料をとりあげます。法然を慕う多くの人々の結縁によって没後に造立された阿弥陀如来立像や、親鸞の妻である恵信尼などの書状を通して、二人の魅力ある人間像をうかがいます。 
展示:重文「慕帰絵詞」、同「阿弥陀如来立像」、同「恵信尼自筆書状類」など 

第四章 信仰のひろがり 
浄土宗や浄土真宗の各寺院などに伝来する名宝の数々をご紹介します。法然や浄土宗にゆかりの阿弥陀如来像、晩年の親鸞が道場の本尊として用いた自筆の名号、さらに先徳祖師として法然、親鸞が仰いだ善導像、聖徳太子像などがあります。また教えを受け継いだ人々によって守られてきた文化財は、信仰の歴史を伝えるとともに、美術品としても極めて高い価値をもっています。 
展示:国宝「阿弥陀二十五菩薩来迎図」、同「本願寺本三十六人家集」、同「当麻曼荼羅縁起」、重文「阿弥陀如来および両脇侍坐像」、同「地獄極楽図屏風」など 

[本展の見どころ] 
◎ 鎌倉仏教の二大宗祖、法然と親鸞の全体像を一緒に紹介する史上初の展覧会です。 
◎法然800回忌、親鸞750回忌を機に、両宗派の全面的な協力を得て開催する決定版の展覧会です。 
◎二人の思想や生涯、師弟関係に焦点を当て、鎌倉時代の浄土教をより深くご理解いただける展示構成です。 
◎国宝・重要文化財約90件を含む、一級の美術品約180件を出品します。 
◎大災害に見舞われ、大きな転換期を迎えた今、二人の教えと生き方は現代人にも多くの示唆を与えてくれるでしょう。