国芳の傑作420点を一堂に紹介する過去最大規模の展覧会。

 

kuniyosimoyou.jpgmikakehakowai.jpg歌川国芳(寛政9〜文久1年[1797-1861])は、画想の豊かさ、斬新なデザイン力、奇想天外なアイデア、確実なデッサン力を持ち、浮世絵の枠にとどまらない広汎な魅力を持つ作品を多数生み出した絵師です。 

その作品は、浮世絵ファンのみならず、現代のデザイン関係者や若い世代の人々にも大いに注目されています。 
国際的にも高い評価を得ており、2009年にはロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで大英博物館所蔵による[KUNIYOSHI]展が開催され、COOLな浮世絵として評判を呼び、この展観は3010年にはニューヨークでも開催されました。 

国芳の魅力は、なんと言っても、その画想の自由さ、豊かさ、限りなく広がるイマジネーションの世界にあります。物語の夢と冒険とロマンの世界を具現化する手腕においては、国芳は他に並ぶ者のいない卓越した才能を示し、まさに、江戸のグラフィックデザイナーとも称することができます。

2011年は国芳の没後150年にあたります。本展はこれを記念し、国芳の代表的な作品は勿論、これまでの展観では未紹介であった傑作、新発見の優品の数々を含む420点を展観し、国芳の多様な画業をふりかえり、新たにその全貌を明らかにしようとするものです。今回の展覧会が国芳の魅力を堪能できる希有で貴重な機会になることは疑えません。 

[出品作品] 
錦絵:約420点、肉筆、板木・版本など(予定)