一針一針に秘める女性の祈り

 

13_01.jpg

女性が針仕事を休んだといわれる田の神を祀る日に、浅草寺淡島堂で三宝に乗せた豆腐に1年間使った針を刺し、大護摩供養する伝統行事。

縫裁の上達や女性の悩みの救済を祈る。 

その光景は、日本古来の伝統信仰がそのまま今日に引き継がれている。