福豆とともに多くの福物を撒き、一年の除災招福を祈願

 

15_01.jpg

このお祭りは元来旧暦正月14日に追儺式(豆まき)を行っていました。 
14日は小正月の晦日にあたりその年初めての満月(十五夜)を迎えます。 

そこで神社でお祓いを受け心身を清めた年男が福男となり福を与えるため、福豆とともに多くの福物を撒き、満々たる月の如く一年の一陽来復・家内安全・身体安全・除災招福・厄除けなどを祈願する祭礼です。 

ご奉仕戴く年男は厄年や生まれ年の方に限らず、毎年つづけて奉仕します。 
これが他の社寺で行われている節分とは異なるところです。 

現在は2月10日・11日の2日間にわたり、約600名の年男年女が参加し盛大に斎行されます。 
ぜひこの機会にご自身、ご家族、友人の除災招福に筑波山神社にお参りにお越し下さい。