2月の流山・見世蔵は「小坂義弘さんの本町界隈スケッチ展」「流山本町の昔を語る会」を開催。

 

misegura.jpg京成バスが、流山おおたかの森駅を起点とするバス3路線を新設。

市役所方面の循環バスが見世蔵(「福祉会館入口」下車)の前を通り、アクセスが便利になります。

ぜひお出かけください。 

 

 

 

①小坂義弘さんの本町界隈スケッチ展「本町、根郷(ねごう)の移り変わり」
「ギャラリーよし」の小坂義弘さんが描いた、広小路交差点から流山キッコーマン辺りの旧街道の建物や景色のスケッチ約30点を展示します。 
日時:2月15日(水)~26日(日)10時~16時(26日は15時まで) 
場所:見世蔵 
費用:無料 

②流山本町の昔を語る会「閻魔堂にお墓がある金子市之丞は泥棒か義賊か」 
地元の年配の方たちが金市様と呼ぶ金子市之丞は、古文書では盗賊と記されています。「みりんの香る街・流山」著者の青木更吉さんが、なぜ金市様と呼ばれるようになったのかをお話します。 
日時:2月25日(土)11時~ 
定員:20人(先着順) 
場所:流山福祉会館(見世蔵受付) 
参加費:200円(資料、お茶代) 
申込:見世蔵へ電話または直接 

③「オイルタイプの万華鏡作り講座」
お好きなビーズを入れて、世界で一つのオリジナル万華鏡を作ります。講師は市内在住の世界的万華鏡作家の中里保子さんです。
日時:3月4日(日)①10時30分~、②13時30分~ 
定員:各回25人(先着順) 
場所:流山福祉会館(見世蔵受付) 
費用:2,500円
申込:見世蔵へ電話または直接 
問い合わせ 見世蔵 04-7103-2817(月・火曜日休み)