様々な魅力に溢れた石橋財団コレクションをじっくりとお楽しみください。 
 

 

02shoujo.jpg03kuroougi.jpg12mone.jpg15piano.jpg

 

石橋財団ブリヂストン美術館は、2012年1月に開館60年を迎えました。これを機に、当館と石橋財団石橋美術館の両館が所蔵する絵画の代表作品約100点を一堂に集め、石橋財団コレクションの粋を楽しんでいただく特別展を開催いたします。石橋正二郎コレクションから始まり、60年間積み重ねた収集活動をじっくりとご堪能いただきたいと思います。 

今回の特別展では、出品作品を「自画像」「肖像画」「レジャー」「海」など11のテーマに分けて、題材別、ジャンル別に展示いたします。コレクション展示でみなさまに日頃親しまれている作品たちも、いつもとは異なる文脈にならべられて、新鮮な印象を与えることでしょう。ブリヂストン美術館のコレクションの中心は19世紀から20世紀にかけての西洋絵画ですが、その西洋美術に影響をうけて出発した日本の近代洋画も充実しています。 

また、今回の展示には、近代以前の画家として雪舟とレンブラントも含まれます。さらに2011年度に新たに収蔵した作品も本展で初公開します。 
様々な魅力に溢れた石橋財団コレクションをじっくりとお楽しみください。 

[出品数] 
◎絵画の代表作品約100点 
◎新収蔵作品を初公開! 
 ギュスターヴ・カイユボット《ピアノを弾く若い男》 1876年 油彩・カンヴァス 
 岡鹿之助《セーヌ河畔》 1927年 油彩・カンヴァス 

[関連企画] 
◎土曜講座「ブリヂストン美術館と私」  
4/07(土) 富山秀男氏(元ブリヂストン美術館館長) 
4/14(土) 水田 徹氏(元大和文華館館長、東京学芸大学名誉教授) 
4/21(土) 小林 忠氏(学習院大学教授、千葉市美術館館長) 
4/28(土) 島田紀夫(ブリヂストン美術館館長) 

時間:14時〜16時(開場13時30分) 会場:ブリヂストン美術館1Fホール 
聴講料:各400円  定員:130名(先着順)