約250品種3200株の日中洋の牡丹があでやかに咲き誇ります。

 

botan_ueno.jpg上野東照宮ぼたん苑は1980年(昭和55年)に日中友好を記念して開苑しました。現在では約250品種3200株の日中洋の牡丹があでやかに咲き誇ります。 

4月中旬からは華鬘草(荷包牡丹)、5月上旬からは数多くの芍薬が見頃をむかえます。 

苑内のお休み処では冷し甘酒、お団子、お茶などが味わえ、参道では牡丹鉢の販売も行われます。 東京都心にありながら江戸の風情を今に残す回遊式牡丹庭苑をどうぞごゆっくりご鑑賞ください。