「究極の鉄道模型」が東京の中心へ集結!

 

01main.jpg051gage.jpg02orientEX.JPG03DB BR.jpg

 

読売新聞社、東京タワーは、4月14日(土)から5月6日(日)まで「究極の鉄道模型展 in 東京タワー」を開催します。 

著名な鉄道模型製作・収集家の原信太郎氏が80年をかけて築いた至宝のコレクションを紹介する展覧会です。 

原氏が製作した模型は、鉄のレールに鉄の車輪を使用し、ギア、ブレーキ、ベアリングなども本物と同じ構造で作られています。客車の窓のステンドグラスや内装まで再現した、美しく精巧な模型は、海外から視察者が来るほどの完成度です。 

今回は、原氏所蔵の約6000車両のコレクションから、選りすぐりの約450車両を一堂に展示します。 

また、1周約45メートル、総延長約150メートルの「1番ゲージ ガーデン・レイアウト」では、本物のように疾走する1番ゲージ模型の迫力を間近で体感することができます。
蒸気機関車から電気機関車へと、鉄道が著しい発展を遂げた時代の鉄道車両をご覧ください。

鉄道ファンのみならず、親子でも楽しめる“究極の鉄道模型展”、ここに開幕です!