セカンドライフの新しい働き方を考え、実践する!

 

東京大学では柏市、URと共同で長寿時代に対応したまちづくりを考え、実践してきました。そのまちづくりの柱の一つが「いくつになってもライフスタイルに合ったかたちで働ける」社会の実現です。 
一緒にセカンドライフの新しい働き方を考え、実践していきませんか。 

[セミナー内容] 
●第1回 4月20日(金) 
10:00〜12:30「セカンドライフの就労のすすめ」東京大学教授 秋山弘子
 高齢化社会に向けてセカンドライフで働く意義について学びます
13:00〜16:00「高齢者就労の現状」人材派遣、シルバー人材センター担当者
 高齢者の職業斡旋や派遣などの事業者の立場から、日本における高齢者就労の実態などを学びます
●第2回 4月27日(金)
10:00〜12:30「雇用する側から高齢者就労にもとめること」雇用予定事業者
 生きがい就労研究で高齢者を雇用する予定の事業者から、生きがい就労をもとめること、雇用の要件などを学びます
13:00〜16:00「セカンドライフの就労の新しいかたち」東京大学研究員 矢冨直美ほか
 高齢者のライフスタイルや能力に合った就労の考え方やこれからの生きがい就労研究で目指すことを学びます
※会場は各日とも東京大学柏キャンパス総合研究棟 6階会議室

[応募者の要件]
●60歳以上である●柏市在住である 
●農業、保育、教育、高齢者福祉で働くことに関心がある 
●上記セミナーに全回出席が可能である
●東京大学が研究として行う面接、アンケート、検査等に協力する意思がある

[申込方法]
4月10日(火曜日)までに、往復ハガキに就労希望分野(農業・教育・保育・高齢者福祉・その他)、郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、年齢、性別、電話番号、Eメールアドレスを記入の上、〒277-8589 柏市柏の葉5-1-5第2総合研究棟110 東京大学高齢社会研究機構就労セミナー まで

主催:東京大学高齢社会総合研究機構 
共催:柏市・UR 都市機構