江戸情緒と大正ロマンが香る、世界が認めた日本の美。
〜世界が認めた日本の木版画文化のリレー100年から100年へ、今私たちがつなぐ〜

 

大正新版画の中心的作家の一人、川瀬巴水は昭和5年に手賀沼を描いています。これらを中心に美人画、役者絵、花鳥画、風景画など、総合計約300点、関連作品、資料などで古きよき日本を再確認し、これからの100年につなぐ展覧会です。

[会場]
◎第1会場/柏高島屋ステーションモールS館8階柏市民ギャラリー 
◎第2会場/柏高島屋T館地下2階催し物会場