6月は「バラと万華鏡展」「流山本町の昔を語る会」「フラワー万華鏡作り講座」などです。

 

rosegarden.jpg◆バラと万華鏡展 
バラが見ごろを迎えています。
流山市在住の世界的な万華鏡作家・中里保子さんの作品を中心に、多くの作家の方々の万華鏡作品を展示する「万華鏡ギャラリー見世蔵」(流山市流山)では、今、「バラと万華鏡展」と題し、国内外の万華鏡作家によるバラをデザインした作品を展示しています。

万華鏡作品の芸術性の高い外観と、鏡の中に繰り広げられる美しい光の世界には、誰もが感嘆せずにいられません。輝く美の世界に浸りながら、心豊かなひとときをお過ごしください。
また、数々の雑誌・広告等で活躍しているフォトグラファー・今井秀治さんによる美しいバラの写真も合わせて展示しています。

「万華鏡ギャラリー見世蔵」にほど近い「一茶双樹記念館」「杜のアトリエ黎明」で開催中の「ローズガーデン展示」も6月10日まで。「バラと万華鏡展」と合わせてお楽しみください。
ちなみに、中里保子さんの万華鏡作品「ローズガーデン」は、杜のアトリエ黎明のバラにインスピレーションを得て生まれた作品です。

期 間:5月30日(水)~6月10日(日) 
     ※6月4日(月)・5日(火)休館 
時 間:10:00~17:00 
会 場:万華鏡ギャラリー 見世蔵 
入場料:無料  
主 催:管理運営(株)グリーンダイナミクス 
問合せ:見世蔵 TEL&FAX:04-7103-2817 
 

mukasikatari.jpg◆流山本町の昔を語る会 ~能登町と姉妹都市を結んだ事情~

流山本町の「万華鏡ギャラリー見世蔵」では、この古き良き時代の香りが残る流山に永くお住まいの方々にご協力いただき、皆様とともに流山本町の昔に思いを馳せるお話の会を開催しています。 
一昨年11月からスタートし、19回目となる今回は、「能登町と姉妹都市を結んだ事情」と題して、能登ご出身の東畑 秀雄さん(流山市江戸川台西在住)をゲストにお迎えし、郷土史家・青木更吉さんに進行役をお務めいただき、お話をうかがいます。 
東畑少年は、昭和24年・18歳の時、当時流山にあった大手酒造メーカー・東邦酒類で働くため、はるばる能登から流山にやってきました。
能登の杜氏に支えられ発展した流山の酒造業、流山の酒造業を支え、やがて流山に定住した能登出身の方たち。杜氏が結ぶこの縁が、24年1月の能登町と流山市の姉妹都市へとつながっていきます。 

日 時:平成24年6月16日(土) 
時 間:11:00〜12:00 
場 所:流山福祉開館(万華鏡ギャラリー見世蔵となり) 
定 員:20名 
参加費:200円(資料、お茶代) 
お申込:万華鏡ギャラリー 見世蔵(10:00〜17:00) 
    TEL&FAX.04-7103-2817 
E-mail : misegura.nagareyama@gmail.com 

◆フラワー万華鏡作り講座 
日時 6月24日(日)①10時30分~ ②13時30分~ 
費用 2,500円 
【共通事項】 
場所 流山福祉会館(見世蔵受け付け) 
問い合わせ 見世蔵☎・FAX.04-7103-2817 ※月・火曜休み

 

misegura.jpg