ママにとって「試せる・学べる・創れる・癒される」をテーマに、ワークショップや体験会など、様々なブースが出展! 

 

childrin01.jpgchildrin02.jpg「チルドリン春のママまつり」は、子育てママの社会参画を相互支援しあうNPO法人チルドリンが全国事務局のイベントです。ママにとって「試せる・学べる・創れる・癒される」をテーマに、ワークショップや体験会など、様々なブースが出展します。2008年に東京・品川で初開催して以降、全国各地に展開し、2012年6月9日には、千葉県内で初めてとなる「チルドリン春のママまつり」を柏市・柏の葉キャンパスにて開催します。 

当イベントでは、ママ同士はもちろん、ママと地域、ママと企業をつなぐことで、子育て世代が安心して楽しく暮らせる地域作りを目指しています。地域に根差した継続的な展開に向け、地元企業や子育て支援団体の連携を促すため、各地域における子育て中のママを中心とした実行行委員会形式での開催を行っています。 柏の葉キャンパスでは、ベビーマッサージを中心に柏市で子育て支援を行う団体「赤ちゃんのほっぺ」の代表・西藤尚子氏を実行委員長に、柏市や助産師会など複数の団体からの協力を得て行います。 

当日、会場は4つのゾーンに分かれ、合わせて18のブースと、親子で楽しめるママ達の舞台発表を行います。ママによる手作りワークショップは「GOOS」ゾーン、ママの健康やビューティーに関するブースが並ぶ「HAPPY」ゾーン、日々の暮らしに役立つ体験会を行う「LIFE」ゾーン、家族の安心安全な食卓に関するブースは「FOODS」ゾーンです。柏の葉キャンパスの定期市場「マルシェコロール」と同日共同開催し、約1000組の親子来場を見込んでいます。 

[ブース例] 
「アルバムカフェ」(出展者:フジフィルム社) 
 日々の子育てに追われ忙しいママは、「子どものアルバムを作りたい」と思っていながらついついあと回しにしてしまいがち。アルバムカフェでは、ママ同士が集まって話をしながら楽しくアルバムを作ります。 

「絵本カフェ」(出展者:KUMONミーテ) 
 絵本読み聞かせワークショップの経験を持つママが、「絵本カフェマイスター」となって読み聞かせを実施。子どもたちが喜ぶことはもちろん、ママ自身も「公共」を学ぶことができます。