前衛美術グループ「具体」の18年間を回顧する、待望の展覧会。

 

01yoshihara.jpg02murakami.jpg03motonaga.jpg04matutani.jpg具体美術協会(「具体」)は、1954年、関西の抽象美術の先駆者・吉原治良をリーダーに、阪神地域在住の若い美術家たちで結成された前衛美術グループです(1972年解散)。グループ名は、「われわれの精神が自由であるという証を具体的に提示したい」という思いをあらわしています。 

「精神」とは個人に固有のものであり抽象的なものです。リーダーの吉原は、これまでになかったものを作ること、抽象的な表現であることの2点を会員たちに厳しく求め、発表の場として、公園や舞台、空中を使う展覧会などを企画しました。会員たちはこれに応え、奇想天外な発想で独創的、革新的な作品を次々に生み出します。それらは当時、国内ではほとんど注目されませんでした。海外で高い評価を受け、“GUTAI”の名は1950年代後半から欧米の美術界で広く知られるようになりました。 

解散後も、ヨーロッパの美術館では「具体」の回顧展が何度も企画されています。しかし、日本では、1980年代になって再評価が進み、関西を中心に回顧展が進み、関西を中心に回顧展が開かれてきたものの、残念ながら東京ではこれまで、その18年間の活動の全容を振り返る場は一度もありませんでした。

本展は、その初めての機会となります。「具体」が駆け抜けた1950-60年代は、日本が敗戦から立ち直り、右肩上がりの経済成長により奇跡的な復興を遂げた時代でもありました。
本展では、そんな時代を象徴するかのようなチャレンジ精神、創造的なエネルギーあふれる作品、約150点を一堂にご紹介します。 

[展示内容] 
第1章|プロローグ 1954年 
第2章|未知の美の創造 1955年〜1957年 
第3章|ミスターグタイ=吉原治良 
第4章|「具体」から“GUTAI”へ 1957年〜1965年 
第5章|新たな展開 1965年〜1971年 
第6章|エピローグ 1972年 

[みどころ] 
1.時代が生んだチャレンジ精神と創造的エネルギー 
2.東京では初の大規模な回顧展! 
3.「具体」とは何だったのかを検証 
4.約半世紀ぶりの里帰り作品、初公開の貴重な映像を紹介 

[関連イベント] 
◆シンポジウム 「具体」再評価の過去と現在 
1972年の解散後、「具体」の再評価が国内外でどのように展開してきたかや、いま評価の視点がどこに置かれているかを、「具体」関連の展覧会の企画担当者の講演とディスカッションで検証します。(通訳付)
◎7月14日(土) 13:00〜17:00(開場12:00) 
河崎晃一氏(インディペンデント・キュレイター) 
萬木康博氏(美術評論家) 
マティヤス・フィッサー氏(ゼロ・ファンデーション創立ディレクター) 
ミン・ティアンポ氏(カールトン大学准教授、グッゲンハイム美術館「具体」展共同キュレーター) 
平井章一氏(国立新美術館主任研究員・本展担当者) 

◆座談会 “3M”から見た「具体」 
1960年代前半に相次いで「具体」会員となり、名前のイニシャルから“3M”と称された前川強氏、松谷武判氏、向井修二氏に、「具体」当時のエピソードやそれぞれの「具体」観を語っていただきます。 
◎8/4(土) 14:00〜15:30(開場13:30)
前川強氏、松谷武判氏、向井修二氏(いずれも元「具体」会員)

いずれも会場は国立新美術館3階講堂(定員:各回先着260名) 
聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券可)が必要です。 
※内容や日時は都合により変更される場合があります。当HPをご覧ください。