葛飾から送る復興のエール 夜空に輝け!希望の光!


 

kasai-hanabi01.JPGkasai-hanabi02.jpg

観客席から打上げ場所が近いため、都内でも屈指の臨場感満点の花火を見ることができます。また、大会前に下町情緒たっぷりの柴又帝釈天参道をあるきながらの花火は、江戸の夏の風物詩を楽しめます。 

今年は葛飾区制施行80周年記念花火大会と位置づけ、全体を2部構成・9ステージとし10,800発・約60分で葛飾の夜空を彩ります。また、東日本大震 災復興を願うステージも設け、昨年に引続き葛飾から元気を送ります。さらに花火大会前には前座アトラクションを行い、記念の花火大会を盛上げます。

第1部は「伝統・葛飾の魂」と題し、後世に伝えたい葛飾の文化や魅力を芸術花火を用いて表現します。区制施行80周年を祝したスターマイン800連発と「80」の型物花火の打上げで、第46回葛飾納涼花火大会の幕があがります。
第2部は「革新・新しい風」としオープニングの東京理科大学による葛飾キャンパス開設記念花火を皮切りに、葛飾に生まれる新しいパワーを創作花火で表現します。

【打上げ内容】 
メインテーマは「新たな伝統の創造」
■第1部「伝統・葛飾の魂」
第1ステージ「傘寿の祝い・葛飾区制80周年記念特別ステージ」
第2ステージ「萌芽・葛飾の魂よとどけ」
第3ステージ「花鳥風月・葛飾の四季」
第4ステージ「和の真髄・江戸の残り香」
■第2部「革新・新しい風」
第5ステージ「未来の科学へ・東京理科大学葛飾キャンパス開設記念」
第6ステージ「創世記・コンピューター制御デジタルスターマイン」
第7ステージ「創作花火葛飾・われら45万」
第8ステージ「葛飾の夏休み2012」
第9ステージ「輝かしい未来へ・大空中ナイアガラ」