30年にわたる日本ファッションの変遷から、その未来がみえてくる

 

01.Rei_Kawakubo.jpg02.Yohji_Yamamoto.jpg

 

 

06.sacai.jpg08.Mikio_Sakabe.jpg

日本ファッションが持つ創造性と、その力強いデザインに潜む文化的背景に焦点を当てた「Future Beauty:30 Years of Japanese Fashion」展。2010年にバービカン・アート・ギャラリー(ロンドン)、2011年にハウス・デア・クンスト(ミュンヘン)で開催され、高い評価を得ました。新たな作品を加え、ヴァージョンアップした「Future Beauty 日本のファッションの未来性」展を2012年、東京で開催します。 

20世紀後半、日本のファッションは、日本経済の成長と共に世界に羽ばたき、その独自性を開花させました。1970年代に高田賢三や三宅一生が欧米で活躍を始めます。彼らに導かれて、1981年、川久保玲や山本耀司がパリでデビュー。欧米の美意識から解き放たれた日本デザイナーの作品は、〈前衛的〉と評され、その表現には賛否両論が飛び交いました。しかし、日本ファッションこそがやがて、ファッション界を牽引していくことになりました。 

平面性、素材の重視、無彩色など、三宅、川久保、山本らの作品には、西洋的な美意識にとらわれない独自の表現と強度を持ったスタイルが備わっていました。彼らが西洋中心的だったファッション界に与えた影響の大きさは、彼らを尊敬するデザイナーが国籍を問わず存在し、その〈前衛的〉だった表現がさまざまなレベルで一般化されているのをみれば明らかです。彼らの最も大きな功績は、アートからの視線を引き付けるなどファッションの可能性を大きく広げたこと、西洋の美意識の枠内に留まっていたファッションの創造性の扉を広く世界へと開いたことだといえるでしょう。 

20世紀以降、自由で創造性のあるスタイルを生み続け、着ることの新たな意味を提示する〈クールな場〉として、常に世界の視線を集め続ける日本。その後も現在まで、次世代の才気溢れるデザイナーたちが、独自の視点から服の新たな表現を追い求めています。

この度の東京都現代美術館での展示は、海外巡回の内容に加えて「日常にひそむ物語」というセクションを新たに設け、今後の方向性を示唆する若手のファッションデザイナーの作品も併せて紹介します。 

80年代の「脱構築と革新」から、90年代の“生きるコンセプトを「Attitude(態度)」として見せる世代の表現”を経て、2000年代の食べる、眠る、友人とおしゃべりをするといった“日々の行為=「Behavior(ふるまい)」をもとにした「共感」世代のデザイン”。30年にわたるこれらの変遷を通覧することで、日本ファッションの未来性がみえてきます。 

【本展の見どころ】 
1) 初めての本格的な日本ファッション展 
三宅一生、川久保玲、山本耀司ら世界に誇る日本ファッションの巨匠たちと、日本ファッションのDNAを継承する若手の作品が一堂に会する国内初の大規模展覧会。世界が日本のファッションに目を向けるきっかけを作った20世紀後期から、まさに現在まで、約35組の多彩なデザイナーたちの、厳選された作品約100点によって、日本ファッションを文字通り総括し、その未来を探ります。

2) Future Beautyとは? 
1980年代、日本のファッションは、“黒いぼろ”と言われて世界に熱い議論を呼び起こしました。しかしそれは、欧米の既成概念に揺さぶりをかける21世紀のファッションの方向を示唆する衣服革命、いわば「Future Beauty」と呼ぶべき美意識だった、のです。世界的に高い評価を得る京都服飾文化研究財団(KCI)のコレクションを中心に、伝統的な1980年代の川久保玲、山本耀司の作品、「オマルタ」のレディ・ガガ着用のモデル、「ミナ・ペルホネン」のグラフィカルなテキスタイルなどを展示。さらにコレクション・ショーの映像、デザイナーのドキュメンタリー、プリント・マテリアルなどの資料を加え、「Future Beauty 日本ファッションの未来性」を多角的な視点から解き明かします。

3) 若手の新作をフィーチャー 
ブランド設立10年未満の若手デザイナーの作品をフィーチャーします。作品展示に加え、デザイナーとのトーク・ショーを通して、未来の日本ファッションを担う彼らが今、混沌とした時代をどのように見つめ、何を語ろうとしているのか、その神髄に迫ります。 

4) ロンドンでセンセーションを呼んだ「Future Beauty」展 
2010年、本展はロンドンのバービカン・アート・ギャラリーで開催、その後ミュンヘンに巡回。「すべての人々に必見の展覧会」と多くのメディアに取り上げられました。展示デザインは、世界から熱いまなざしを向けられている新進気鋭の建築家、藤本荘介。彼が初めて展示デザインを手がけました。また、本展は、2013年シアトル・アート・ミュージアムに巡回予定です。