戦後の個人コレクションとしては日本最大級の規模を誇る作品を紹介!

 

01picasso.jpg03fujita.jpg05manet.jpgpola-kaichou.jpgポーラ美術館のコレクションは、ポーラ・オルビスグループの前オーナーである鈴木常司(1930-2000)が戦後、1950年代末から40数年をかけて収集した作品群です。総数約9,500点におよぶ、西洋絵画・日本の洋画・近現代の日本画・版画・彫刻・東洋陶磁・日本の近現代陶磁・ガラス工芸・化粧道具など多岐にわたるコレクションは、戦後の個人コレクションとしては質量ともに日本最大級の規模を誇ります。 

鈴木常司は寡黙な人物であったため、コレクション生成の経緯や美術作品について語った言葉は多くありません。開館以来、私たちはコレクションと対話しつつ、この寡黙なコレクターの美を求めるまなざしに迫ろうと努力してきました。 

開館10周年を記念して開催される本展覧会では、鈴木常司の知られざる人物像とその美意識に関わるコレクションや手がけた文化事業を、12のテーマにより全展示室でご紹介します。 
また、展覧会会期を3期に分け、第Ⅰ期では西洋絵画コレクションの重要な柱のひとつである20世紀絵画の巨匠、パブロ・ピカソの作品の特集をはじめ、日本の近現代陶磁、伝統工芸、西洋の化粧道具をご覧いただきます。 

『コレクター鈴木常司 美へのまなざし』
第Ⅰ期/2012年7月14日〜10月2日  「ピカソとポーラ美術館の絵画」 
化粧道具:ヨーロッパの香りと化粧—ロココからアール・ヌーヴォー 工芸:伝統の技と美 
第Ⅱ期/2012年10月5日〜2013年2月26日  「モネとポーラ美術館の絵画」 
化粧道具:江戸の化粧—婚礼化粧道具と髪飾り 古陶磁:中国・日本・韓国陶磁名作選 
第Ⅲ期/2013年3月1日〜7月7日  「杉山寧とポーラ美術館の絵画」 
化粧道具:20世紀の化粧—アール・ヌーヴォーからアール・デコ 古陶磁:中国・日本・韓国陶磁名作選 

[関連イベント]
■ 記念講演会  
◎「ポーラの建築:建築主・鈴木常司と建築家・林昌二の幸福な関係」
講師:安田 幸一(やすだ・こういち 建築家、東京工業大学大学院教授、ポーラ美術館設計者) 
日時:2012年10月20日(日)14:00〜15:30(先着100名)
会場:ポーラ美術館講堂(参加費無料/当日の入館券が必要) 

■ギャラリートーク(学芸員が展覧会会場でテーマ別にみどころを説明します) 
◎2012年9月22日(土・祝)「ポーラのイメージと女性像 ロダンとルノワール」 講師:岩崎 余帆子(いわさき・よおこ 当館学芸課長)