60周年を迎えた東京国立近代美術館(MOMAT)の特別な夏を楽しもう!

 

MOMAT-gaikan.jpgwassily_kandinsky.jpg

 

2012年、開館60周年を迎えた東京国立近代美術館(以下MOMAT)では、一年を通じて様々な特別企画を開催中!夏以降もスペシャルプログラムが目白押しです。 

7月30日〜10月15日の期間、所蔵品ギャラリー(4〜2階)のリニューアル工事のためMOMAT本館は展示会をお休みします。その間も多くの皆さまにお越しいただけるよう、バラエティに富んだプログラムを多数ご用意しています。いずれも観覧無料なので、お気軽にお楽しみいただけます。 
2012年、60周年を迎えたMOMATの特別な夏にご期待ください。

◆真夏の3日間の特別コンサート「Concerto Museo/絵と音の対話」
MOMAT本館所蔵品から選りすぐった絵画作品を前に、気鋭の演奏家たちが真夏の3日間にわたって繰り広げるコンサート。

◎8/10(金)19:00〜(開場17:30)
「絵と音〜対話的手法」松平 敬(声・バリトン)
展示予定絵画:古賀春江《海》、ハンス・リヒター《色のオーケストレーション》ほか
予定曲:グレゴリオ聖歌、ジョン・ケージ作品ほか 
◎8/11(土)15:00〜(開場13:30)
「アルマ・マーラーの傍らで」金持亜実(ソプラノ)、岩田友里(メゾソプラノ)
 斉藤雅昭(ピアノ)
展示予定絵画:オスカー・ココシュカ《アルマ・マーラーの肖像》、イケムラレイコ《横たわる少女》ほか
予定曲:ロベルト・シューマン「女の愛と生涯」、アルマ・マーラー作品ほか
◎8/12(日)15:00〜(開場13:30)
「抽象芸術の相即」渡邉辰紀(チェロ)
展示予定絵画:ゲルハルト・リヒター《抽象絵画(赤)》、横山大観《或る日の太平洋》ほか
予定曲:ヨハン・セバスチャン・バッハ、スティーヴ・ライヒ、黛敏郎作品ほか

★この秋MOMATに、あの三國清三シェフのレストラン「L’art et Mikuni」がオープンします。これを記念する特別プレ企画として、本館エントランス・ホールにて、オテル・ドゥ・ミクニによるフード、ドリンクの販売が行われます。開演前、終演後のひと時を、ゆったりとおくつろぎください。

期  間:2012年8月10日(金)〜12日(日) 
時  間:各イベントをご覧ください
料  金:各日とも入場無料(座席数200席予定)
※公演時間は約1時間程度、各日ともトークがあります。
会  場:東京国立近代美術館 企画展ギャラリー(1階) 
場  所:東京都千代田区北の丸公園3-1
交  通:東京メトロ東西線「竹橋駅」1b出口より徒歩約3分 
お問合せ:ハローダイヤル 03-5777-8600

◆話題の建築事務所スタジオ・ムンバイによる日本初の建築プロジェクト「夏の家」
美術館の前庭に東屋を設置し、憩いの場として無料開放。設計・施行を担当するのはインドの建築事務所スタジオ・ムンバイ。世界で注目を集める彼らの日本初となる建築プロジェクトです。 
彼らの得意とする、オーガニックな素材を使った心地よい空間で、散歩の合間に休憩したり、夕涼みをしたり、お気軽にお過ごしいただけます。
また、8月にはインドから大工職人を招聘し、施工の様子を一般公開します。 

【一般公開】
◎8/26(日)〜9/8(土)10:00〜21:00 無休 
※8/26(日)〜31(金)は施工風景の公開になります 
◎9/11(火)〜10/13(土)10:00〜17:00 日曜日、月曜日休館 
(9/13(木)〜9/29(土)の毎週木・金・土は〜21:00まで)
◎10/16(火)〜2013年1/14(月・祝)10:00〜17:00(金曜日は20:00まで)、月曜日(12/24、2013年1/14は開館)、年末年始(12/28(金)〜2013年1/1(火・祝))は休館 

【講演会】(要申込)
◎9/1(土)14:00〜16:00 スタジオ・ムンバイ代表ビジョイ・ジェイン氏

「夏の家」特設ブログ:http://www.momat.go.jp/momat60/studiomumbai/

◆14日間、日替わりのパフォーマンス、イブニング・プログラム「14の夕べ」
各アーティストの出演は一回限り。訪れるたびに新しい魅力が待っています!

8月26日から9月8日までの14日間、MOMAT本館1階を夕方から特別に開館します。
日替わりで、美術・ダンス・音楽・演劇・朗読など多彩なジャンルのパフォーマンスが繰り広げられます。
出演者はいずれも各ジャンルの第一線で活躍する作り手で、とりわけ楽譜・台本・舞踏譜・テキストといった「スコア」と実際の演技や演奏においてなされる「インプロヴィゼーション(即興)」、この両者の関係性から表現を捉えたときに、きわめて刺激的なパフォーマンスを見せるアーティストたちです。
普段は企画展が行われる約1500㎡のギャラリーを会場に、14日間日替わりで14のプログラムが登場。いずれも無料でご観覧いただけます。気鋭の若手による新作あり、歴史的作品の再演あり、その日限りの、つかの間の「劇場」が毎夕立ち上がります。

【出演者】
〈美術〉奥村雄樹、小林耕平、高嶋晋一、橋本聡 〈音楽〉大友良英 one day ensembles、core of belles、小杉武久、No Collective 〈演劇〉東京デスロック、村川拓也 〈ダンス〉神村恵カンパニー、手塚夏子 〈文学(朗読)〉谷川俊太郎、福永信、古川日出男ほか 

MOMAT開館60周年記念企画「14の夕べ」
期  間:8月26日(日)〜9月8日(土) 
時  間:毎夕17:00開館 メインプログラムは20:00頃開演予定(1〜2時間程度)
料  金:各日とも入場無料 
会  場:東京国立近代美術館 企画展ギャラリー(1階)
場  所:東京都千代田区北の丸公園3-1
交  通:東京メトロ東西線「竹橋駅」1b出口より徒歩約3分
お問合せ:ハローダイヤル 03-5777-8600

★BEER MOMAT  2012年夏限定、美術館で“おいしい夕べ”を楽しもう!
◎美術館がラウンジに
8月26日〜9月8日まで、夕方17:00から開催イベント終了時刻まで、「14の夕べ」にあわせてエントランス・ホールがラウンジに大変身!バンドによるライブやDJプレイなどBGMに、ドリンクやタパスでカジュアルにお楽しみください。陽が落ちたあとは、パフォーマンスでアートなひとときを。

◎パヴィリオン「夏の家」が夕方からカフェに
9月13日から9月29日までの毎週木・金・土は、夕方17:00〜21:00まで「夏の家」がオープンエアのカフェとして期間限定の営業! 
注目の建築事務所、スタジオ・ムンバイによるオーガニックな空間で、スペシャルメニューを。皇居周辺の豊かな緑、丸の内の夜景をバックに、夏の終わりの贅沢な時間をお過ごしください。