初来日、フェルメール「真珠の首飾りの少女」!

 

berlin.jpg19世紀、プロイセン帝国の首都ベルリンに国立美術館・博物館が誕生し、国をあげて美術品が蒐集されました。本展は、その壮大なコレクションの中から、15世紀から18世紀までのヨーロッパ美術を総覧いたします。 

ボッティチェッリをはじめミケランジェロを含む珠玉のイタリア・ルネサンスの素描や板絵の他、ドイツを代表するリーメンシュナイダーの彫刻、クラーナハの描く肖像画、そしてオランダ黄金期の巨匠レンブラントとフェルメール。僅か36点とも言われるフェルメールの自筆作品の中でも傑出した作品と誉れ高い《真珠の耳飾りの少女》は日本初公開となります。 

ベルリン国立美術館が誇る選りすぐりの絵画33点、彫刻45点、素描29点から、ヨーロッパ美術における黄金の400年をご堪能ください。 

[講演会]  
◎「イタリア素描の魅力 —その技法と目的」 
 講師:高梨光正(国立西洋美術館主任研究員) 
 9月8日(土) 14:00〜15:30  

会場:国立西洋美術館講堂 
定員:各回先着140名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券が必要です) 
参加方法:当日12:00より、館内インフォメーションにて本展の観覧券をお持ちの方一人につき1枚聴講券を配布します。会場へは開演の30分前からご入場いただけます。