デザイナーとしての芹沢銈介の視点から、これまでの作品や仕事を紹介。

 

芹沢銈介といえば、型絵染の人間国宝として知られ、のれんや、着物などに染色の作品を多く残しています。

しかし、これらの作品をはじめ、他の仕事を見ていくと、その意匠やアイデアにデザイナーとしての「芹沢銈介」が見えてきます。

デザイナーとしての芹沢銈介の視点から、これまでの作品や仕事を紹介します。
(協力:静岡市立芹沢銈介美術館)