傑作《陰謀》のほか約50点のアンソール作品を展覧!

 

①inbou.jpg③ostendo.jpg②jigazou.jpg⑥ouginofujin.jpgジェームズ・アンソール(1860〜1949年)は、ルネ・マグリット、ポール・デルヴォーらとともにベルギー近代絵画を代表する画家として知られています。 

本展では、アンソールの作品を世界で最も多く所蔵するアントワープ王立美術館の改装を機に、傑作《陰謀》のほか約50点のアンソール作品を展覧するばかりでなく、画家に影響を与えたブリューゲルやルーベンスらフランドルの画家や、クールベやファンタン=ラトゥールなど同時代のフランスの画家の作品もあわせて展示し、その芸術を生み出した背景を探ります。

ぜひこの機会にアンソール芸術を心ゆくまでお楽しみください。 
 

[常設展示コーナー] 
ゴッホ《ひまわり》、ゴーギャン《アリスカンの並木路、アルル》、セザンヌ《りんごとナプキン》、東郷青児、グランマ・モーゼス