なにがおこるかわからない「ワクワク感」をぜひ体験してみませんか?

 

アーカス好評のプログラムであるヒビノホスピタル(日比野美術研究室付属病院放送部)のワークショップを開催いたします。
第61回目の今回は、現在土地区画整理事業が行われている街、守谷市松並地区の中に位置する永泉寺を会場に実施します。何をやるかは当日までのお楽しみ!!

ヒビノホスピタルは、1996年よりいろいろな試みで行われてきた、日比野克彦氏(東京芸術大学美術学部先端芸術表現科教授)とその研究室(東京芸術大学)によるプロジェクト『TEST』シリーズ第7弾として、1999年よりアーカスプロジェクトでスタートしました。現在もアーカスの一環として、システムを一部変更しながら継続して展開しているプログラムです。
日比野氏が繰り広げるワークショップの内容は、数日前〜当日まで、なにがおこるかわからないという設定になっています。当日の集まる人数や場所など様々な要素からインスピレーションを得て、アートがもつ力を瞬発的にひきだすトレーニングでもあります。
また、当プログラムは年に2回不定期に開催しております。
次回は2月9日(土)を予定しております。
なにがおこるかわからない「ワクワク感」をぜひ体験してみませんか?
沢山のご参加をお待ちしております。

◇日時|12月8日(土) 14:00〜16:30
◇会場|永泉寺 (守谷市松並1800)
◇参加費|無料
【申し込み方法】
◇要申込|TEL FAX Eメールのいずれかで,
アーカススタジオに12月7日(金)18:00までにご連絡ください。
必要事項|参加者全員のお名前 年齢 住所と連絡先
TEL/FAX  0297-46-2600 Eメール  arcus@arcus-project.com