国内初の試み! 30分×10回のギャラリートークを学芸員がタスキでつなぐ
参加回数に応じて、展覧会図録など豪華賞品をもれなくプレゼント!

 

gyallarytolk.jpgpresents.JPG

 

ポーラ美術館(神奈川県、箱根)は、学芸員による30分のギャラリートークを10回連続で行う「ギャラリートーク駅伝」を2013年1月13日(日)に開催します。現在開催している開館10周年記念展「コレクター鈴木常司 美へのまなざし」の見どころを10のテーマに分け、10時から16時までの間(12時〜13時を除く)全6名の学芸員がタスキをつなぎながら、テンポよく1テーマずつのギャラリートークを行います。

当日はいつでもトークに参加することが可能で、ご参加いただく度に、お聞きいただいたトークに関する作品のポストカードを全員に1枚プレゼントします。また、1回の参加ごとに押されるスタンプが所定の数(3個、5個、7個、10個)に達した段階で、無料ペアチケットや展覧会図録などの景品を、スタンプ数に応じてもれなくプレゼントします(詳細は下記ご参照)。

ふらりとトークに立ち止まる方や、聞きたい回だけに参加する方、スタンプ10個を目指す方など楽しみ方は自由です! 1日にタスキを10回つないで行う駅伝ギャラリートークは、国内の美術館や博物館では初の試み。是非ご参加ください!

◎「ギャラリートーク駅伝」概要
【日時】2013年1月13日(日)10:00〜16:00    

【スケジュール】
9:50〜    開場(講堂)
①10:00〜【スタート】1958年−コレクションのはじまり(講堂→展示室1)
②10:30〜 初期の収集とユトリロ(展示室1)
③11:00〜 絵画の照らす道−ルオーとルドン(展示室1)
④11:30〜 心鎮まる絵画−岡鹿之助とルソー(展示室1)
(12:00〜13:00 昼休み)
⑤13:00〜 美の女神たち(展示室1)
⑥13:30〜 小さきものへの愛情(展示室1)
⑦14:00〜【給水】ピカソ《海辺の母子像》(講堂→展示室2)
⑧14:30〜 精しさと厳しさ−技法と構図(展示室2)
⑨15:00〜 馬−坂本繁二郎から東洋陶磁(展示室3)
⑩15:30〜 2000年−最後のコレクション(展示室3)

【賞品】
所定のスタンプ数に達した段階で下記の賞品をプレゼントします。
・スタンプ3個: ポーラ美術館オリジナル めがねふき(税込525円相当)
・スタンプ5個: マグカップ(税込1,260円相当)
※クロード・モネ《睡蓮》またはレオナール・フジタ《つばめと子供》どちらかのデザインを選べます
・スタンプ7個: ポーラ美術館オリジナル モネのオリジナルサーモキーパー(税込3,990円相当)
・スタンプ10個: 「コレクター鈴木常司 美へのまなざし」展図録、ポーラ美術館無料ペアチケット、チケットフォルダのセット(税込6,210円相当)

※このほか、ギャラリートークにご参加いただく度に、お聞きいただいたトークに関する作品のポストカードを1枚、もれなく全員にプレゼントします。

【定員】各回先着30名
【参加費】無料(ただし当日の入館券が必要)
【一般の方のお問合わせ先】ポーラ美術館 TEL:0460-84-2111

<ポーラ美術館について>
ポーラ美術館のコレクションは、ポーラ・オルビスグループのオーナーであった鈴木常司(1930〜2000)が40年以上にわたり収集したコレクションです。そのコレクションは印象派を中心とした西洋絵画、日本の洋画、日本画、東洋陶磁、古今東西の化粧道具など9,500点を数えます。建物は「箱根の自然と美術の共生」をコンセプトに、周囲の環境との調和をはかり、施設の大部分を地下に置いて、森の風景の中に溶け込むような形にしています。

【住  所】〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
【電  話】0460-84-2111
【開館時間】9:00〜17:00 (入館は16:30まで)
【休 館 日】年中無休(展示替のため臨時休館あり)
【入 館 料】※料金はいずれも個人料金、消費税込み ※中・小学生は土曜日、入館無料
大人1,800円、シニア割引(65歳以上)1,600円、大学・高校生1,300円、中・小学生700円
【ホームページ】 http://www.polamuseum.or.jp

◎開館10周年記念展「コレクター鈴木常司 美へのまなざし」(全3期)
第Ⅰ期:2012年7月14日〜10月2日 ピカソとポーラ美術館の絵画
第Ⅱ期:2012年10月5日〜2013年2月26日 モネとポーラ美術館の絵画
第Ⅲ期:2013年3月1日〜7月7日 杉山寧とポーラ美術館の絵画