若衆が大きな供餅を奪い合う「餅取り」で、餅の割れ方でその年の豊作を占う

 

dingeramochi01.jpg

 

裸の若衆が大きな供餅を奪い合う「餅取り」で、餅の割れ方でその年の豊作を占う流山の伝統行事。 

毎年、縁起がいい末広がりで8日前後の日曜日に、8升の御神酒と8升の鏡餅、8種類の野菜の煮物などが神殿に供えます。

現在では1月の第2日曜日に開催されます。