一九五五年、日本には美しい民家があった。

 

00nihonnominka.jpg01ehime.jpg02zaou.jpg

 

この国の自然と風土、歴史と文明のなかから生まれ、育まれてきた庶民の住まい「民家」。モダニズムの建築や今日の住宅を考える上でも、私たちの原点といえるでしょう。
一方で快適で合理的なライフスタイルを優先する現代的な感覚にはそぐわなくなり、いにしえの民家は日本の風景から確実に姿を消しつつあります。

1957年から59年にかけて発行された『日本の民家』全10巻は、日本が国際的な経済発展に向けて飛躍しようとしていた頃に、あえて民家の最期の美しさにカメラを向けて、世間を瞠目させました。
大地とつながる民家の力強さ、そしてそこに蓄積された民衆の動きと知恵をとらえた280点のモノクロ写真は、現在、国際的に高く評価される二川幸夫が20歳前後に撮影したものです。文章は当時新鋭の建築史家、伊藤ていじ(1922-2010)が著しました。

二川幸夫は確かな評価眼を通して見たものを建築写真として定着し、自ら主宰する出版社を中心に発表してきました。優れた建築を追って世界中を駆け巡り、比類のない作品を精力的に残してきた彼の建築の旅の原点は、この『日本の民家』にあります。

本展は1955年にさかのぼって、若き日の二川幸夫がとらえた貴重な民家の姿、そして日本人の本来の逞(たくま)しさとしなやかさを、選び抜いた約70点の作品にご覧いただきます。ここに見るような建築のあり方を、これからの日本で再構成することはできるのでしょうか—————そんな想像がふくらむ展覧会です。

【もれなくプレゼント】
ご来場いただいた皆様にもれなく本展オリジナル・ブックマーク(PP製)をさしあげます。

■これからの建築について
2012年のヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展で金獅子賞受賞、いま、最も注

■関連書籍
・『日本の民家 1955年』(展覧会公式カタログ)出版:A.D.A.EDITA Tokyo Co.,Ltd.
・再刊『民家は生きていた』伊藤ていじ著 鹿島出版会 予価3400円+税

★ルオーギャラリーにて当館所蔵のルオー・コレクションを展示。併せてご覧ください。