国内史上最大の回顧展 開催決定!

 

el Greco.jpg東京都美術館のリニューアルを記念して、没後400年を迎えるスペイン絵画の巨匠、エル・グレコの大回顧展を開催します。

エル・グレコ(本名ドメニコス・テオトコプーロス、1541~1614年)は16世紀から17世紀にかけてのスペイン美術の黄金時代に活躍し、ベラスケス、ゴヤとともにスペイン三大画家の一人に数えられます。クレタ島に生まれ、ヴェネツィア、ローマでの修行を経てスペイン・トレドにたどりつき、揺らめく炎のように引き伸ばされた人物像が印象的な宗教画や、モデルの人となりをも描き出す独自の肖像画で、当時の宗教関係者や知識人から圧倒的な支持を得ました。ピカソら20世紀の巨匠たちからも、その作品は高く評価されています。  

本展にはプラド美術館、ボストン美術館など、世界中の名だたる美術館やトレドの教会群から油彩画、テンペラ画51点が集結。高さ3メートルを超える祭壇画の最高傑作の一つ『無原罪のお宿り』も初来日し、まさに「奇跡の集結」といえる国内史上最大のエル・グレコ展となります。 

[本展のポイント]
◎スペイン美術黄金時代の巨匠エル・グレコの全容を紹介

ギリシャ出身でありながら、ベラスケス、ゴヤとともにスペイン三大画家と呼ばれる巨匠エル・グレコ。揺らめく炎のように引き伸ばされた人物像が印象的な宗教画で知られていますが、モデルの人となりを描き出す肖像画でも高い評価を得ています。 本展ではそうした代表作の他、初期のイタリアでの修業時代の作品や、流行画家として多くの注文に応えたトレド時代の作品、教会建築全体の空間演出も手がけていた最盛期の巨大な祭壇画も紹介。「神秘の宗教画家」という従来のイメージを覆す、新たなエル・グレコ像に迫ります。
            
◎世界中から傑作の数々が日本に集結!
3メートルを超す大作にして最高傑作『無原罪のお宿り』(1607~1613年)をはじめ、肖像画の傑作『修道士オルテンシオ・フェリス・パラビシーノの肖像』(1611年)、聖人像の傑作「悔悛するマグダラのマリア」(1576頃)、自身を描いたと言われる「芸術家の自画像」(1595年頃)など、エル・グレコの代表作が世界中から日本に集結します。本展でなければ目にすることができない奇跡的な機会です。                   
◎国内史上最大のエル・グレコ展、油彩画およびテンペラ画51点を出品 
今回の展覧会は、エル・グレコの油彩画50点以上が出品されます。これは日本で開かれたエル・グレコの個展で過去最大の規模となります。日本初公開の作品も数多くふくまれ、まさにエル・グレコ展の決定版と呼ぶにふさわしい展覧会です。

[展示会構成] 
第1章 肖像画家エル・グレコ 
    肖像画としての聖人像、見えるものと見えないもの
第2章 クレタからイタリア、そしてスペインへ 
第3章 トレドでの宗教画:説話と祈り 
第4章 画家にして建築家:近代的芸術家の祭壇画制作