不思議の国“わちふぃーるど”とダヤンの魅力をご紹介します。

 

yuchounasiai.jpg松屋では、猫のキャラクターとして親しまれている「ダヤン」の誕生30年を迎えることを記念して『ダヤン誕生30年—池田あきこ原画展』を開催いたします。 

本展では、これまでの代表作をはじめ、豊かな自然の大切さを問いかける『森の音をきいてごらん』や、最新作『ダヤンのめいろ』を含む約180点を一堂に展覧。不思議の国“わちふぃーるど”とダヤンの魅力をご紹介します。 

池田あきこさんが30年をかけて作り上げた「ねこのダヤン」や仲間たちの住む世界“わちふぃーるど”の豊かな魅力をお楽しみいただける展覧会です。 

 

【展覧会構成】
◎30年の軌跡 〜最新作から代表作まで約180点を展示〜
 
初めて、パステル画で描かれた「ポーズダヤン」をはじめ、これまでの代表作と新作(「悠長な試合」など2004年以降に描かれた作品)を展示。不思議の国わちふぃーるどの誕生と広がり、ダヤンをはじめとする、キャラクター達の魅力をご覧いただくとともに、池田あきこさんのこれまでの歩みを紹介いたします。 

◎「わちふぃーるどのラビリンス」 〜ダヤンの世界をトリックアートで体験〜 
わちふぃーるどの、タシルの街やそのほかの地域を、ラビリンス(迷路)で表現した最新絵本『ダヤンのめいろ』の原画のほか、会場でしか体験できないトリックアートの手法を取り入れた「動く街角」など立体な作品も展示。 

◎「森の音」 〜人間と動物そして自然との共生をテーマに〜
アルスの森を描いた象徴的なイラスト「森のささやき」を中心に、人間と動物そして自然との共生を伝えていくために描いた作品『森の音を聞いてごらん』の原画を展示。ボルネオの森を守るボルネオナショナルトラストの「緑の回廊計画」に賛同し「ダヤンの森」を取得するなど「Save the forest」をテーマにした運動についても紹介。