六本木の夜、アートの海へ出航しよう!

 

「六本木アートナイト」は六本木の街を舞台にした一夜限りのアートの響宴です。 
様々な商業施設や文化施設が集積する六本木の街に、アート作品のみならず、デザイン・音楽・映像・パフォーマンスなどを含む多様な作品を点在させて、非日常的な体験をつくりだします。 
そして、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルを提案します。
また、アートと街が一体化することによって、六本木の文化的なイメージを向上させ、東京という大都市における街作りの先駆的なモデルを創出します。 
東京を代表するアートの祭典として、さらなる発展を続けます。 

今回初めて導入されるアーティスティックディレクター制度にて同職に委嘱されたアーティストの日比野克彦氏と六本木アートナイト実行委員会は、「六本木アートナイト2013」の開催テーマを『TRIP→今日が明日になるのを目撃せよ。』に決定いたしました。 
開催テーマ『TRIP→今日が明日になるのを目撃せよ。』に基づき、「時間と空間の小旅行」「夜から朝を迎える高揚感」「時空を超えてかの地へ馳せる想い」を、日比野氏とアーティストたちが形に、アクションにして、皆様と六本木トリップへの船出を、参加者は目撃・体感することでしょう。 

当日は、アクティビスト・日比野氏の東北への想いを形にした作品を起点に、日比野氏と気鋭の作家たちによるコラボレーション「アートブネ」が、六本木の各所に登場します。 
また、六本木というひとつの“地域”“コミュニティ”に着目し、地元との結びつきから生まれるプログラム、六本木のストリートを活かしたインスタレーション作品を、街の中に展開させます。 

5年目(4回目)を迎える六本木アートナイトは、今までの参加アーティストが200組を超え、また東京を代表するアートイベントとして各界からも注目を集めています。 
そこで、アーティストたちや各界の気鋭のプロフェッショナルがこの夜六本木で一堂に「六本木夜楽会」を行い、一般参加者とともにクリエイティブな集いを開きます。 

2012年の開催では、延べ70万人(全プログラムの延べ鑑賞者数)が来場したアートの響宴。 
オールナイトで六本木の街中がアートで彩られる祭典にご期待ください。 
*イベント詳細は六本木アートナイト2013 HPをご覧ください。