天心、大観の精神を受け継ぐ画家たち

 

0308inten.jpg明治31(1898)年、岡倉天心が中心となって、新しい時代にふさわしい日本画の創出を目指して設立された日本美術院は、明治39年、東京谷中から茨城県の最北端にある景勝地五浦に移り、横山大観、下村観山ら五浦の画家たちが研さんを積み、近代日本画史に足跡を残す礎を築きました。 
大正2年、天心は逝去し、その精神を受け継いだ大観、観山らによって再興の気運が高まり、翌大正3年、日本美術院は再興され、以後多くのすぐれた日本画を輩出して今日にいたっています。 

今回の再興第97回院展 茨城五浦展では、郷倉和子、松尾敏男ら巨匠をはじめとした同人の作品32点に加え、日本美術院賞、奨励賞、第18回天心記念茨城賞の受賞作品、さらには茨城県に関係する画家の作品等、合わせて70点を紹介いたします。  

【関連イベント】 
○岡倉天心記念室ガイドツアーのご案内 
1日3回(午前11時、午後2時、午後3時30分) 
当館ギャラリースタッフによる岡倉天心記念室の解説を行っています。