松下幸之助ゆかりの伝統工芸を一堂に会し、その芸術を紹介します

 

01hagichawan.jpg02rosanjin.jpg04yuzen.jpg07byoubu.jpg

 

2013年、パナソニック汐留ミュージアムは、開館10周年を迎えます。
そこで、パナソニック汐留ミュージアム開館10周年記念第一弾といたしまして、『開館10周年記念特別展 幸之助と伝統工芸』を2014年4月13日(土)から8月25日(日)まで開催いたします。 

「経営の神様」と呼ばれる松下幸之助(1894—1989)が我が国の伝統文化に理解を示し、その普及を支援していたことはあまり知られていません。実際は多年にわたり、絵画から工芸作品に至まで美術品を数多く収集し、公益社団法人日本工芸会などの団体の役員を努めるなど、文化支援活動を続けていました。 
本展は、松下幸之助ゆかりの伝統工芸を一堂に会し、その芸術を紹介します。「ものづくりの心」をあらわす工芸が文化の発展に寄与することを祈っていた松下幸之助の思考に触れる絶好の機会となります。

期間:2014年4月13日(土)〜8月25日(日) 
   前期:4月13日(土)〜5月28日(火) 
   中期:5月30日(木)〜7月9日(火) 
   後期:7月11日(木)〜8月25日(日) 

[関連イベント] *参加料は無料ですが本展の入館券が必要です 
◆講演会『松下幸之助と伝統工芸』 
 森口邦彦(染色家、重要無形文化財「友禅」保持者) 
 聞き手:諸山正則(本展監修者、東京国立近代美術館主任研究員) 
4月14日(日)午後1時30分〜3時 パナソニック東京汐留ビル5階ホール 
定員150名 
◆講演会『松下幸之助と茶道』 
 鵬雲斎千玄室(裏千家第十五代前家元) 
4月27日(土)午後1時〜2時 パナソニック東京汐留ビル5階ホール 
定員150名 
◆ワークショップ *参加費は当日受付時にお支払いいただきます
『世界で一つだけの竹の花かごを作ろう』田辺小竹(竹芸家)
[大人向:18歳以上]7月6日(土)午後1時30分〜4時 パナソニック東京汐留ビル5階ホール 参加費1,000円 
[子供向:小5〜中3]8月3日(土)午後1時30分〜4時 パナソニック東京汐留ビル5階ホール 参加費500円 

いずれも下記の方法でお申込みいただけます。申し込み受付開始日はWebサイトにてご確認ください。 
A) 汐留ミュージアムWebサイト http://panasonic.co.jp/es/museum  
B) パナソニック汐留ミュージアム受付(休館日および展示替え期間を除く) 
*受付は先着順、定員になり次第締め切らせていただきます。 
*定員に達しなかった場合、当日受付をする場合があります。 

◆学芸員によるギャラリートーク *参加料は無料ですが本展の入館券が必要です 
5月25日(土)、6月22日(土)、7月27日(土)いずれも午後2時〜 
申込不要 

★なお、ルオーギャラリーにて、当館所蔵のルオー・コレクションの中から作品を展示しております。併せてご覧ください。