一葉が生きていた時代の日常生活をお楽しみ下さい。

 

ichiyou04.jpg

樋口一葉の小説は、その多くが雑誌に掲載されました。作品に添えられた挿絵には、家具や調度品として「指物」が描かれ、人々に親しまれていたことが窺えます。 
本展では、一葉ゆかりの地である竜泉に工房を構え、伝統の技を今に伝える江戸指物師・渡辺 彰師製作による「江戸指物」の数々をご紹介致します。 
一葉が生きていた時代の日常生活をお楽しみ下さい。

 
【主な展示資料】
大黒柱/一葉が愛用した文机/ちゃぶ台/姿見/巴手許箪笥/長火鉢/行灯
【挿絵に見る「江戸指物」】 
座卓(中江とき画「十三夜」挿絵)/書棚(富岡永洗画「暁月夜」挿絵)/有明行灯(梧齋年英画「闇桜」挿絵)

 

 

 


【同時開催イベント】
◎ワークショップ「八角型の檜(ひのき)MY箸をつくろう」

5月11日(土) 13:00〜16:15(各30分)※応募方法にご注意ください。
時 間:
A/13:00〜13:30 
B/13:30〜14:00 
C/14:00〜14:30 
D/14:45〜15:15 
E/15:15〜15:45 
F/15:45〜16:15 
会 場:一葉記念館地下1階研修室 
講 師:渡辺 彰 氏 
定 員:30名(1グループにつき定員5名×6グループ)※要申込・抽選 
参加費:300円(入館料)
応募締切:平成25年4月20日(土)※消印有効 
※応募の際は往復はがき裏面に、希望する時間帯を第2希望まで必ずご明記ください。

◎くずし字解読講座「江戸時代の古文書を読もう」(基礎編)
5月14日(火)・21日(火)、6月4日(火)・11日(火)全4回
時間:13:00〜 約2時間 
会場:一葉記念館地下1階研修室 
講師:浦井 正明 氏(寛永寺長﨟)
定員:30名(要申込・抽選)
参加費:3,000円(入館料込)※前納 
応募締切:平成25年4月20日(土)※消印有効 

◎応募方法◎
往復はがき裏面に
①住所 ②氏名(フリガナも) ③年齢 ④電話番号 
返信表面に ①住所 ②氏名 を明記の上、「ワークショップ係」もしくは「くずし字講座係」宛に各々ご郵送ください。 
〒110-0012 東京都台東区竜泉3-18-4 台東区立一葉記念館「○○」係
※応募は、各イベントにつきお1人様1通までとさせていただきます。
※複数枚、複数名の応募、往復はがきでないものは無効となります。