福島事故から2年。わたしたちは一体何をしていくべきなのか。

 

gotou01.jpggotou02.jpg

「最も大切なことは、技術的にどんなに努力しても安全な原発は不可能であるということ。最悪の事故では、日本は確実に、壊滅するということです。」
福島事故から2年。わたしたちは一体何をしていくべきなのか。

〜原発を作ったから言えること〜
 再生可能エネルギー、原子力新安全基準を含めて考える。
 

講演:後藤 政志 
(元 原子力プラント設計技術者・現 早稲田大、東京都市大学大学院、國學院、芝浦工業大講師) 

後藤 政志 講演会
◎4月27日(土)
   午後2時〜午後4時   野田市総合福祉会館  先着100名
              (野田市役所並び、中央公民館3階) 
   午後6時半〜8時半   流山市生涯教育センター  先着90名
              (TX線流山セントラルパーク駅下車2分)
◎4月28日(日) 
   午前11時〜12時半   取手市永山公民館  先着50名
              (取手市下高井2256)
   午後2時半〜午後4時半 柏市中央公民館講堂 先着180名
              (柏駅下車12分、柏市役所そば)

*いずれも当日、会場で500円いただきます。*開場は、開演30分前です。 
*定員を超えた場合には入場をお断りすることがあります。 
*講演の後に、質疑応答、意見交換の時間を設けます。 
*著書には「原発を作ったから言えること」クレヨンハウス
「原発を終わらせる」岩波新書 
「福島原発事故はなぜ起きたか」藤波書店 等があります。

ブログ:http://gotomasashi.blogspot.jp/
主催:後藤政志さんを囲む会(代表 鈴木 090ー5572-9134)
   柏会場:種子田080ー5192ー0187、取手:稲泉090-9317-5086、流山:磯野090-2317-0898、野田:荒井  080-6737-0332 
※各会場へのお問い合わせはご遠慮願います。