見たこともない印象派、はるばる まるまる。

 

Clark01.jpgClark06.jpg

クラーク美術館(米国マサチューセッツ州ウイリアムズタウン)は、ルネサンス時代から19世紀末までの欧米の傑作を幅広く擁する美術館です。
そのコレクションは、最も有名なフランス絵画をはじめ、彫刻、絵画、素描、写真、さらには銀器や磁器を含む装飾美術まで多岐にわたります。

ニューヨーク・ボストンから車で約3時間。広大な森の中にあるこの美術館コレクションについて、これまで日本ではほとんど知られていませんでした。
2010年、同館の増改築工事に伴い、世界的にもとりわけ質の高い印象派を中心とした絵画の世界巡回展が初めて開催され、2013年2月、ついに日本に上陸します。

ルノワール22点を筆頭に、コロー、ミレー、マネ、ピサロ、モネ…。まるで宝石箱のような、これまで目にしたことのない奇跡のフランス絵画73点(うち59作品が初来日)が一堂に、三菱一号館美術館で「人生を、美しく生きる幸せ。」に出会える幸運にどうぞご期待ください。