学芸員や館長が、様々な視点やアプローチにもとづく講座を開催!

 

tsukubaart.jpgtsukubaart-out.jpg

つくば美術館および本館(茨城県近代美術館)や五浦美術館の学芸員、そして時には館長が、様々な視点やアプローチにもとづく講座を行います。 
経験や研鑽を通じて学んだことをはじめ、展覧会で関わった作家の人となりなど、学芸員でなければ語れないエピソードなどについてお話します。 
毎月第2土曜日の午後は、つくば美術館の講座にぜひご参加ください。(聴講無料)

[25年度前期講座内容] 
◆第2回「アンドリュー・ワイエス(1917—2009)の世界」 5/11(土)
 
講師:荒木 扶佐子(茨城県近代美術館 首席学芸員) 
朝霞市 丸沼芸術の森所蔵によるアメリカの画家ワイエスの水彩・素描展にちなみ、30年間にわたり、クリスティーナ・オルソンと、弟のアルヴァロ、そして彼らの家オルソン・ハウスを描き続けたワイエスの芸術観、創作の道程などを紹介します。
茨城県近代美術館:「アンドリュー・ワイエス水彩・素描展」3/27—5/19