学芸員や館長が、様々な視点やアプローチにもとづく講座を開催!

 

tsukubaart.jpgtsukubaart-out.jpg

つくば美術館および本館(茨城県近代美術館)や五浦美術館の学芸員、そして時には館長が、様々な視点やアプローチにもとづく講座を行います。 
経験や研鑽を通じて学んだことをはじめ、展覧会で関わった作家の人となりなど、学芸員でなければ語れないエピソードなどについてお話します。 
毎月第2土曜日の午後は、つくば美術館の講座にぜひご参加ください。(聴講無料)

[25年度前期講座内容] 
【岡倉天心 没後100年記念連続講座】

◆第3回「天心と日本美術院の画家たち—サースビーコレクションを中心に」 6/8(土) 
講師:稲葉 睦子(茨城県天心記念五浦美術館 主任学芸員) 
明治37年、岡倉天心は横山大観、菱田春草らを伴ってアメリカに渡りますが、滞米中の彼らを支援したのがサースビー姉妹でした。滞米中に描いた天心や大観の絵画など、この姉妹のコレクションについて紹介します。
(茨城県天心記念五浦美術館 所蔵品展「天心と日本美術院の画家たち」6/14-8/4)

 
◆第4回「没後100年に振り返る天心岡倉覚三」 7/13(土) 
講師:井野 功一(茨城県近代美術館 主任学芸員) 
日本の近代美術に大きな足跡を残した岡倉天心。横山大観、菱田春草らの画家を指導し、晩年は五浦とボストンを往復しながら東洋文化を世界に紹介したことで知られています。思想家、美術教育者として多岐にわたる活動を振り返ります。
(茨城県天心記念五浦美術館 所蔵品展「天心と日本美術院の画家たち」6/14-8/4)