浮わりと生きませう。

 

01-1.jpg01-5.jpg01-7.jpg

 

これぞ浮世絵! 
2010年に開館した三菱一号館美術館は、明治期に設計された建物の特性を活かし、これまで近代市民社会の成立した19世紀の西洋近代美術中心の展覧会を開催してきました。今回は少々趣向を変え、「浮世絵」展を開催致します。 

「はかない世の中であるならば、せめて浮かれて暮らしたい」という江戸の人の気分を反映した浮世絵。現実とも享楽の世界とも思える“Floating World”を鮮やかに描いた浮世絵は、好奇心のまま先端の風俗や事象を捉え、江戸の人々に留まらず、19世紀には欧米の人々を魅了し、さらに現代の私たちの心をも浮き立たせる華やかな光景に溢れています。 

本展は、江戸から明治までの、浮世絵の誕生から爛熟に至る全貌を、3期に分けてご紹介します。
川崎・砂子の里資料館長 斎藤文夫氏の膨大な浮世絵コレクションから選りすぐりの名品を展示するとともに、浮世絵の影響を受けたロートレック他の当館所蔵のヨーロッパ近代版画を対比させ、時代や地域を超えた浮世絵の普遍的な魅力に迫ります。

江戸時代、江戸城内濠と外濠の間に位置し、「大名小路」と呼ばれた主要大名の上屋敷が建ち連なった丸の内において、是非「浮世」の世界にタイムトリップして下さい。 

◎第一期/6月22日(土)〜7月15日(月・祝)
 浮世絵の黄金期—江戸のグラビア 
作家:菱川師宣、鈴木春信、勝川春草、喜多川歌麿、東洲斎写楽ほか
◎第二期/7月17日(水)〜8月11日(日)
 北斎・広重の登場—ツーリズムの発展 
作家:葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳ほか。
◎第三期/8月13日(火)〜9月8日(日)
 うつりゆく江戸から東京—ジャーナリスティック、ノスタルジックな視線
 作家:歌川広重、歌川国芳、小林清親、大蘇芳年ほか。
*本展では、展示期間が第一期~三期に分かれており、第二期・第三期ではすべての作品が展示替えとなります。

[関連イベント]
◆開催記念講演会「私と浮世絵」

日 時:2013年7月3日(水)19:00〜 
講 師:斎藤 文夫(川崎・砂子の里資料館 館長)
会 場:エムプラス[グランド](三菱ビル10階)
定 員:150名
参加費:無料
申込方法:展覧会ホームページにて(2013年6月1日より)募集開始
     http://mimt.jp/ukiyoe 

◆トークセミナー 
丸の内アートサロン 展覧会を語る 浮世絵3部作「浮世絵Floating World」
【第1部】
 日時:2013年6月26日(水) 19:00〜20:30(受付開始18:40)
 講師:市川 信也(那珂川町馬頭広重美術館 館長)
【第2部】
 日時:2013年7月10日(水) 19:00〜20:30(受付開始18:40)
 講師:新藤 茂(Ukiyo-e adviser・国際浮世絵学会常任理事)
【第3部】
 日時:2013年7月17日(水) 19:00〜20:30(受付開始18:40)
 講師:小池 満紀子(川崎・砂子の里資料館 学芸員)
      × 
    野口 玲一(三菱一号館美術館 学芸員) 

会 場:marunouchi café SEEK
定 員:50名
参加費:1,000円
申込法:marunouchi café SEEKホームページから(6月1日より)募集開始 
    http://www.marunouchicafe.com

※上記の他にも関連イベントを開催予定です。詳しくは展覧会ウェブサイトを。