一茶双樹記念館・杜のアトリエ黎明 6月イベントは「6/1(土) 邦楽コンサート」「6/9(日) お抹茶を楽しむ会」「6/11(火)〜23(日)笹岡絵画研究所展」「6/25(火)〜7/7(日) 七夕まつり」「6/29(土)花語り茶話会」を開催!

 

 

00hougaku.jpg◆邦楽コンサート 
青葉萌える一茶双樹記念館の庭園を眺めながら、流山市文化協会邦楽三曲会会員の皆様による箏、尺八などの演奏をお楽しみいただきます。 

日時:6月1日(土) 14:30~15:00 
場所:一茶双樹記念館 
料金:参加費500円(お茶とお菓子付) 
申し込み:電話、ファクスで(当日申込も可) 
問い合わせ:一茶双樹記念館 TEL・FAX:04-7150-5750

 

00omacha.jpg◆お抹茶を楽しむ会(呈茶) 
一茶双樹記念館の和の空間を生かし、流山市茶道親和会のご協力により、月に1度(原則として第2日曜日)開催します。普段着でお気軽にお越しくださり、一茶庵をはじめ、双樹亭、枯山水の庭園などで、したたる緑の庭園美を満喫しながら、ゆったりとお抹茶をお楽しみください。 

日時:6月9日(日) 10:00~15:00 
場所:一茶双樹記念館 双樹亭・庭園 
費用:参加費500円(茶菓付き) 
申し込み:電話、ファクスで(当日申込も可) 
問い合わせ:一茶双樹記念館 TEL・FAX:04-7150-5750 

 

01reimei-akimoto.jpg◆杜のアトリエ黎明55周年記念
「千葉県美術運動の拠点 思い出のL・T・S 笹岡絵画研究所展」

「杜のアトリエ黎明」として市民に親しまれ活用されている建物が、その前身である「L・T・S笹岡絵画研究所」として誕生してから55周年を迎えました。このアトリエは、画家・笹岡了一、秋元松子を中心に、流山市のみならず千葉県の美術運動の拠点として出発し、洋画家の会派を越えて各団体の会員が参加、研鑽を積んだ研究所で、その歴史的意義は大きなものがあります。
この記念展では、杜のアトリエ黎明の原点であるL・T・S笹岡絵画研究所にゆかりある著名作家作品約20点(柳亮、藤井令太郎、篠﨑輝夫他)の展示や、笹岡了一・秋元松子が絵画制作に用いた愛用の画材道具等を展示し、当時のアトリエを再現。在籍していた研究生達の息吹やその在りようを偲びます。

日時:6月11日(火)〜23日(日) ※6/17(月) 休館
時間:9:00~17:00 
場所:杜のアトリエ黎明
料金:無料 
問い合わせ:一茶双樹記念館 TEL・FAX:04-7150-5750 
 


02tanabata.jpg◆一茶双樹記念館「七夕まつり」 
千葉県流山市の小林一茶寄寓の地「一茶双樹記念館」では、恒例の夏の風物詩「七夕まつり」を開催します。江戸時代末期の商家の建築を残した「双樹亭」や枯山水の庭園がつくる和の空間に飾られた笹が、懐かしい日本の夏を思い起こさせます。
笹飾りの中には、小林一茶と松尾芭蕉による七夕にちなんだ句・8句の短冊もあり、江戸時代の俳句界の巨匠2人の俳句探しも一興。
ご来館の皆様には、竹笹飾りに、願い事を書いた短冊を飾っていただきます。双樹亭の座敷には「遊びコーナー」をご用意。子どもたちだけでなく、大人も童心に帰り、切り絵、折り紙、塗り絵、星座の本など、広い畳の間で自由にのびのびと楽しめます。江戸風鈴の涼しげな音色を聴きながら、一茶双樹記念館の夏の風情をお楽しみください。
☆短冊を飾ってくれたお子様にはこんぺいとうをプレゼント(小学生まで)

日時:6月25日(火)〜7月7日(日) ※7/1(月)休館 
時間:9時〜17時 
場所:一茶双樹記念館 
費用:入館料 大人100円/こども50円
問い合わせ:一茶双樹記念館 TEL・FAX:04-7150-5750 

 

03hanagatari.jpg◆小林一茶生誕250年記念 一茶双樹記念館
第22回 花語り茶話会「小林一茶と花の香り その2」

〜一茶の俳句に見る春から夏の江戸園芸〜
一茶双樹記念館では、四季折々に「花語り茶話会」と題し、文化的側面から植物、園芸を取り上げ、語り合うひと時を設けています。
小林一茶生誕250年の記念の年にあたる今年は、一年を4回に分けて、「小林一茶の俳句」という切り口から、季節毎に庶民が観賞の対象とした植物や園芸について取り上げています。
今回はその2回目として、江戸時代の行楽と園芸の発達の歴史をご紹介しながら、春から夏にかけて咲く植物で江戸時代に品種化され人々の目を楽しませた「躑躅(つつじ)」「牡丹」「花菖蒲」「朝顔」などを眺めてみます。

日時:6月29日(土) 13:30~15:00(受付:13:00〜) 
場所:一茶双樹記念館 
費用:参加費500円(茶菓付き) 講師:賀来宏和(園芸文化研究家) 
申し込み:電話・ファクス・メールで info@issasoju-leimei.com 
問い合わせ:一茶双樹記念館 TEL・FAX:04-7150-5750